高校生のマフラー・制服に毛がつかない素材は?
本ページはプロモーションが含まれています

高校生のマフラー・制服に毛がつかない素材は?

寒い季節が来ると学校にもマフラーをつけていくようになりますよね。

マフラーは冬の必須アイテムであり、女性が身に着けると可愛らしい印象を与えてくれます。

 

しかし、マフラー姿は可愛らしいのですが困ってしまうのが制服のブレザーにマフラーの毛が付着してしまうことです。

制服に毛が付いてると取り除くのが難しくて見た目も綺麗じゃありません。

これは静電気が関係しているのです。

そこで、この記事では制服やブレザーにマフラーの毛がつかない方法や、毛を取る方法、毛がつきにくい素材について紹介しますので、ぜひご覧ください。

マフラーの毛が制服のブレザーにつかない方法と毛を取る方法

マフラーの毛が制服のブレザーなどに付かない方法や、毛が付いてしまったときの毛を取る方法を紹介していきます。

 

マフラーの毛がつかないようにする方法

静電気防止スプレーを利用する

市販の静電気防止スプレーは、静電気の発生を抑制する効果があります。

マフラーにスプレーするだけで静電気が発生しにくくなり毛がつきにくくなります。

手軽で効果的な対策ですので、試してみる価値があります。

 

マフラーを洗濯する

マフラーを洗濯することで、柔軟剤の効果により静電気を抑えることができます。

一部の柔軟剤は静電気予防に効果があるものもありますよ。

ただし、洗濯するときはマフラーの洗濯表示を確認し、手洗いが必要な場合は洗濯機は使わないようにしましょう。

 

霧吹きで水をかける

マフラーに霧吹きで水をかけることも静電気を予防するのに役立ちます。

乾燥した冬季は静電気が発生しやすいため、水分を与えて乾燥を防ぐことができます。

静電気が抑制され、マフラーの毛が服につきにくくなります。

 

マフラーの毛が付いた場合の取り方

テープで取る

一般的な方法としてガムテープなどの粘着テープを使って、マフラーの毛を取ったりします。

ただこの方法は注意が必要で、粘着力の強いテープを使うと生地が傷む可能性があるため、慎重に行いましょう。

 

エチケットブラシを使用する

エチケットブラシを使用すると、毛を撫でるように簡単に取ることができ、生地へのダメージを気にする必要がありません。

テープよりも生地への負担が少なく、ほこりなども同時に取ることができます。

 

マフラーの毛が制服につかないおすすめ素材

マフラーの毛が制服につく原因である静電気は、プラスとマイナスの性質を持つ素材同士がこすれることによって発生します。

ですので、マフラーの毛が制服につかないようにするには、マフラーの素材選びが重要です。

制服と同じ性質を持つ素材のマフラーを選ぶことが重要です。

 

例えば、多くの制服にはポリエステルが使用されています。

毛が付かないようにするには制服と同じポリエステル製のマフラーを選ぶと良いです。

 

以下に、プラスの性質を持つ素材とマイナスの性質を持つ素材を示します。

プラスの性質を持つ素材

  • アクリル
  • ポリエステル
  • アセテート

マイナスの性質を持つ素材

  • ナイロン
  • ウール
  • レーヨン

また、綿は静電気を帯びにくい素材として知られています。

 

例えば、制服がポリエステル製であれば反対の性質のウール素材のマフラーを選ぶと毛が付きやすくなります。

素材の選択は慎重に行いましょうね。

 

ポリエステルと同じ性質を持つアクリルのマフラー
↓↓

 

同じ素材同士の組み合わせでも、冬季には静電気が発生することが多いので静電気防止スプレーなどの対策も併用することをおすすめします。

 

制服のブレザーにマフラーの毛がつく原因

マフラーに毛がつく原因は、主に静電気と密接な関係があります。

服の素材にはそれぞれプラスとマイナスの電荷を持つものが存在し、対立する電荷を持つ素材同士が摩擦すると、静電気が発生するのです。

この静電気が、毛がマフラーに付着する原因となるわけです。

 

マフラーを選ぶ際には現在着ている制服のタグを確認し、使用されている素材を確認することが大切です。

制服がポリエステルであるなら、ポリエステルやアクリルなど同じ素材のマフラーを選びましょう。

 

しかし、冬季には静電気が発生しやすいので、同様の素材同士であっても静電気が完全に防げないこともあります。

今回紹介した静電気対策の一環として、静電気防止スプレーの使用など予防策を併用することも考えておきましょう。

 

まとめ

今回は制服にマフラーの毛が付着しないための方法と原因について紹介しました。

マフラーの毛が制服に付く原因は、冬季のイライラの一因である静電気でしたね。

制服にマフラーの毛が付きにくい素材も紹介しました。

 

マフラーはファッションの一部として楽しむことができるアイテムですが、選ぶ際は素材の確認もチェックしておきましょう。

 

テキストのコピーはできません。