本ページはプロモーションが含まれています

冷凍コロッケの揚げ方は冷たい油から?少ない油でOK

コロッケといえば、揚げるのが難しいイメージですよね。

冷凍コロッケとか特に難しいです。

 

実は、少量の冷たい油から、簡単にサクサク、ほくほくのコロッケを揚げることができるんです!

 

今まで揚げるたびに衣がべっちょりしたり、はがれたりで失敗してしまい…。

コロッケ、苦手…。

そう思っていませんでしたか?

 

ここでは、冷凍コロッケの詳しい揚げ方のポイントと注意点を説明していきますので、冷凍コロッケで悩むことはもうありません。

 

冷凍コロッケの揚げ方は少ない油でOK!

 

冷凍コロッケを揚げるポイントは

  • 少ない油
  • 冷たい油(常温の油)

上記2つが重要です。

 

いつもだと、揚げ物を揚げるときってはじめに油を一定の温度まで温めていって揚げていくイメージですよね。

なので冷たい油を使うことが、とても意外ですね。

 

詳しい揚げ方は、

  1. フライパンにコロッケをおく。
    ※この時に置きすぎ注意。
  2. コロッケが2/3程つかるぐらい、冷たい油(常温油)を入れる。
  3. 周りがきつね色になるまで揚げる。
    (中火〜強火で約6分ほど)
  4. ひっくり返して2分ほど揚げる。

以上です♪

あっという間にサクサクのコロッケが完成です♪

 

今までコロッケを揚げたときにべちゃべちゃしたり、衣がはがれてた原因は何なのでしょうか。

それは「すでに温まった状態の油」と「冷凍されたコロッケ」の温度差から起こっていたものだったのです!

 

なので、「冷たい油」と「冷凍されたコロッケ」の組み合わせで揚げることで温度差がなくなり、サクサク、ほくほくのコロッケが簡単にできるのです♪

 

また、コロッケに水分を含みすぎてしまうのも、べちゃべちゃや破裂、油はねの原因になります。

 

なので冷凍コロッケは解凍せず、凍ったままの状態であげてくださいね!

 

油とコロッケの温度を気にするだけでおいしく揚げることができるなんて、なんだか不思議ですね!

 

揚げ物の油が泡立つことありますよね。

揚げ物油が泡立つ原因と対処法についてはこちらの記事に詳しくまとめてあります。

こちらもチェックしてみてください。
↓↓
揚げ物の油が泡立つのは何が原因?理由と簡単な対処法

 

冷凍コロッケの揚げでレンジを活用するテクニック

 

先ほどは揚げる方法をお伝えしました。

コロッケはレンジを使って調理をすることもできます!

 

手順は

 

  1. オーブントースター(約500w)で冷凍コロッケを電子レンジ(約600W)で2分ほど温める。
  2. 10~15分ほど焼く。

 

驚くほど簡単ですよね♪

 

利用している電子レンジやオーブントースターによって焼き加減などは多少は異なると思うので、ご自宅で利用している機械に応じて調整お願いします。

 

この調理方法だと、油を使って揚げないの分ヘルシーなのでコロッケと他のおかずも用意できちゃいますね。

 

しかも、油を使わないので後片付けもとても楽になります!

疲れているときはこの方法でささっと調理するのもありですね♪

 

私もこの方法を試してみましたが、簡単に衣がサクサクの揚げたてのようなコロッケができたので幸せな気持ちになりました!

 

本当は自分の分だけを温めて食べるつもりでしたが、感動のあまりついつい家族の分まで温めてしまいました!

 

まとめ

いかがでしたか?

忙しい日も出来たてのサクサクコロッケが簡単に作れるなんて、嬉しいですよね!

 

きっと育ち盛りのお子様も喜んでたくさん食べてくれるはずです!

 

これからはコロッケが忙しい日やお疲れの日のあなたの味方になってくれますね。

 

また、今回ご紹介させていただいた調理法は冷凍コロッケだけではなく、他の冷凍された揚げ物にも応用ができる揚げ方だと思いました。

 

手軽にできますので、ぜひお試しいただき素敵なお食事時間をお過ごしくださいね♪

 

テキストのコピーはできません。