本ページはプロモーションが含まれています

高校での友達作りに出遅れても取り戻せる方法

高校に入学して初日、友達作りに失敗したら今後が不安になります。

でも実際はそんな心配は必要なく、後からいくらでも取り戻せます。

 

ここでは、高校での友達作りに出遅れた人に向けて同級生への話しかけ方や仲良くなる方法を紹介していきます。

 

高校で友達作りに失敗しても心配無用

高校生活のスタートで友達を作るのに苦労していると感じるかもしれませんが、心配無用です!

高校生活が始まったばかりであれば、まだチャンスはたくさんあります。

人間関係はこれから形成されるのですから。

あなたにはまだ参加する余地がたくさんあります。

積極的に他の生徒とコミュニケーションを取ることが、状況を変える最善の方法です。

 

まずは、話しやすそうな人に声をかけてみましょう。

特に、お昼ごはんを一緒に食べる友達を見つけることは重要です。

「一緒に食べませんか?」と声をかけてみるのはいかがでしょうか。

勇気が必要ですが、多くの人が喜んで受け入れてくれるはずです。

私の経験上そうでした。

 

高校に入学してすぐの頃はまだ知り合いと一緒にいるだけの状態です。

グループが確定するのはもう少し後です。

まずは、お昼や授業の移動、体育のペアなどで友達を作ることが大切です。

グループに加わるのも良いし、他の孤立している生徒と友達になるのも一つの方法です。

 

部活動を通じて友達の輪を広げるのも一つの方法です。

もちろん、同じクラスの生徒が同じ部活にいるとは限りませんが、友達から新しい友達を紹介してもらうのも良いでしょう。

とにかく、まずは一人でも友達を作ることが大切です。

そうすることで、その友達を通じてさらに多くの人との関係を築くことができます。

他のクラスに友達がいる場合、その繋がりを利用して友達の輪を広げるのも良い方法です。

「友達の友達は友達」という考え方を活用してみましょう。

 

少しでも話せる人がいれば、その人と仲良くなるのがおすすめです。

例えば、共通の興味や趣味があれば、それをきっかけにすぐに親しくなることができます。

このように、高校生活の初日に友達を作るのに苦労することは誰にでもあるかもしれませんが、まだ始まったばかりです。

これから友達を作る機会は無限にあります。

 

高校での友達作りに出遅れたときの対処法

友達が出来なかったからといって何もしないとずっと一人のままです。

ちょっとの勇気を出してみましょう。

 

クラスメイトに自分から話しかける

最も効果的な方法は、自分から積極的にクラスメイトに話しかけることです。

最初の一歩を踏み出すのは勇気が必要かもしれませんが、その一歩が友情の扉を開く鍵になります。

一度コミュニケーションを取り始めれば、友達関係を築くのは思ったよりも簡単です。

 

最初は一人の友達を作ることから始めよう

友達がいない状態と、たとえ一人でも友達がいる状態では大きな違いがあります。

最初の一人を見つけることができれば、そこからさらに友達の輪が広がっていく可能性が高まります。

 

部活動に参加してみる

部活動は新しい友達を作る絶好の機会です。

同じ学年の生徒と出会い、共通の興味を持つことで自然と交流が生まれます。

 

同じ状況の人を探す

学校が始まったばかりのこの時期は、まだ多くの生徒が友達を探しています。

自分と同じように友達を求めている人がいるはずなので、積極的に声をかけてみましょう。

 

友達から友達を紹介してもらう

既にできた友達を通じて、新しい友達を紹介してもらうのも良い方法です。

友達の紹介は信頼を基にしているため、新しい出会いに対する不安が少なくなります。

 

近くの席のクラスメイトに声をかける

近くに座っているクラスメイトに話しかけることから始めると良いでしょう。

鉛筆貸して、とか、教科書見せて、とかでも良いです。

 

また、共通の話題や学校生活について話すことで自然と関係が深まります。

 

共通の興味を持つ人と友達になる

共通の趣味や興味がある人とは、友達になりやすいです。

相手の持ち物や会話から共通点を見つけ出し、それをきっかけに話を始めてみましょう。

 

高校での初日に友達が出来なかったときの次の日の話しかけ方

高校生活の初日に友達作りに苦労してもその後で十分に挽回することが可能です。

 

高校初日に友達作りに躓いた後、どのようにして会話を始めれば良いのでしょうか。

 

学校生活に関する質問をする

まず、学校に関する様々な質問から会話を始めてみましょう。

「トイレはどこにあるの?」「これからの学校行事には何があるの?」「次の授業はどこでやるの?」など、具体的な質問を通じて会話のきっかけを作ることができます。

 

相手のアイテムに興味を示す

相手の持っている物に注目してみましょう。

筆記具、携帯電話のケース、キーホルダーなど相手が持っているものに対して褒め言葉をかけることで、自然と会話が生まれます。

 

「そのペンケース、すごくかわいいね!」や「そのスマホケース、かっこいいね!」などと言ってみると、相手も喜び会話が弾むでしょう。

 

挨拶で関係を築く

「おはよう」「こんにちは」「よろしくね」などの基本的な挨拶から始めることで、徐々に会話を広げていくことができます。

挨拶はシンプルですが、コミュニケーションを取る上で非常に重要なステップです。

適切なタイミングで挨拶を交わし、徐々に関係を深めていきましょう。

 

高校で友達ができにくい原因

高校生活で友達を作るのが難しいと感じる生徒には、いくつかの共通点が見られます。

これらは一般的な傾向であり、必ずしも全員に当てはまるわけではありません。

でも、自分に該当する部分があれば改善を検討してみてもいいかもしれません。

友達作りに影響を与える可能性のある特徴や行動パターンです。

 

自分から積極的に話しかけることが苦手

多くの生徒が、新しい環境で初めて会う人々に自分から話しかけることに抵抗を感じます。

このため、友達を作る最初のステップを踏み出すのが難しくなりがちです。

「人とどう接したらいいかわからない」「迷惑をかけたくない」という思いが強い場合、コミュニケーションの機会を逃してしまうことがあります。

しかし、周りの人の興味や話題に注意を払うことで、自然な会話のきっかけを見つけることができるでしょう。

 

他人の短所に注目しがち

人の短所やネガティブな面に焦点を当てる傾向があると、周りから避けられるリスクが高まります。

自分が他人から同じように批判されたらどう感じるかを考えると、この行動の影響が理解しやすくなります。

友達作りの初期段階では、相手の良い面を見つけることに集中しポジティブな関係を築くことが重要です。

 

悪口や否定的な発言をよくする

他人の悪口や否定的なコメントを頻繁にすると、友達を作ることが一層難しくなります。

人はネガティブな話題や否定的な態度に囲まれることを好まず、そのような環境からは自然と距離を置くようになります。

 

また、「でも」「だって」といった否定的な接続詞の使用は、会話の流れを阻害し相手に不快感を与える可能性があります。

ポジティブなコミュニケーションを心がけることで、より良い人間関係を築くことができます。

 

部活動への不参加

部活動に参加していないことが、友達作りに影響を与えることがあります。

部活動は共通の目標に向かって努力することで、自然と仲間意識が生まれやすい環境を提供します。

 

しかし、習い事や他の理由で部活に参加できない生徒もいます。

部活動は友達作りの一つの手段に過ぎず、

参加していないからといって友達ができないわけではありません。

他のコミュニケーションの場を探すことも大切です。

学校への不登校や休学

健康上の理由やその他の事情で学校に頻繁に行けない場合、クラスメイトとの接触機会が減少し友達作りが難しくなることがあります。

しかし、学校生活は長期にわたるため復帰後にじっくりと関係を築いていくことが可能です。

焦らず、自分のペースで交流を深めていきましょう。

趣味や関心の不在

共通の趣味や関心が話題のきっかけとなり、友達関係を深めることが多いです。

趣味がないと感じる場合でも、開かれた心で周囲の話に耳を傾け新しい興味を見つけることができます。

 

また、自分の好きなことや興味があることを積極的に共有することで、同じ興味を持つ人との繋がりが生まれるかもしれません。

 

声が小さい

声が小さくて聞き取りにくいと、コミュニケーションが取りづらくなることがあります。

意識して少し大きな声で話す練習をすると、コミュニケーションがスムーズになります。

また、相手の反応を見ながら適切な話し方を見つけることが大切です。

一人の時間を好む

一人でいることを好む生徒もいますが、これは個性の一つです。

ただし、他人との交流の機会も大切にすることで友達関係を築くバランスを見つけることができます。

 

読書や音楽を楽しむ姿勢も、共通の趣味を持つ人との話題となり得ます。

 

清潔感の欠如

清潔感は人との関わりにおいて非常に重要な要素です。

日々の身だしなみに気を配ることで、より良い第一印象を与えることができます。

小さな努力が、人との距離を縮めるきっかけとなります。

 

これらの状況に対して自覚的であり、可能な範囲で改善を図ることが友達作りにおいてプラスの影響を与えるでしょう。

 

まとめ

高校で友達作りに出遅れた場合の対処法について紹介しました。

同い年で毎日顔を合わせている間柄ですから、ちょっとのきっかけですぐ仲良くなれるものです。

まずは話しかけてみましょう。

テキストのコピーはできません。