本ページはプロモーションが含まれています

雨の日の自転車通学は前髪が崩れる!ヘアピンとスプレーでキープ

自転車通学では雨や風は髪型の天敵ですよね。

特に雨は湿気もありますからせっかくのセットも無駄になりがちです。

 

ここでは、自転車通学でも前髪が崩れるのをできるだけ防ぐ方法を紹介していきます。

 

雨の日の自転車通学で前髪を守る方法とアイテム

雨の日の自転車でも前髪を守る方法やおすすめのアイテムをご紹介します。

 

前髪をピンで留める

前髪を分けたい方にピンで留めます。

これは非常に簡単な方法です。

シンプルなピンも良いですが、少しオシャレなデザインのピンも可愛らしくおすすめです。

 

スプレーを利用する

ヘアスプレーにはさまざまな種類があります。

前髪をキープするためのスプレーもあります。

例えば、花王のケープワンはしっかりキープできる無香料のスプレーです。

朝にセットする際に、前髪全体にしっかりとスプレーをかけることがポイントです。

ただし、髪に直接スプレーすると固まりすぎることがあるため、「ブラシにスプレーを吹きかけてから髪をとかす」という方法もおすすめです。

適度なキープが可能で、手や顔も汚れずに済みます。

 

さらに、雨や風に強いスプレーもあります。

雨の日用に、ハードなタイプのスプレーを1本持っておくことをおすすめします。

 

湿気対策も重要

雨の日に前髪が乱れる主な原因は湿気です。

湿気を吸収した髪は崩れやすくなります。

でも、湿気によるヘアスタイルの崩れを防ぐコツもありますよ。

それは、髪をしっかりと乾かすことです。

見逃しがちですが、非常に重要なポイントなんです。

 

髪を濡らしてセットする場合は、特にドライヤーでしっかりと乾かしましょう。

また、朝のセットにヘアアイロンを使用する方は、アイロンを外した後、髪を十分に冷ますことが大切です。

多くの熱を加えるよりも、髪に残った熱を冷ます時間を確保することで、髪型が持続しやすくなります。

過度な熱は髪を傷める原因となるので、注意が必要です。

 

自転車通学時の髪型キープの秘訣

自転車通学時におすすめの髪型キープの方法をご紹介します。

髪をしっかりまとめる、スプレーを利用する、毎日のヘアケアを大切にするなどが重要な要点です。

 

朝、どうしても髪がまとまらない日がありますよね。

そのまま自転車に乗ると、髪が乱れてしまうこともあります。

そんな日は、思い切ってお団子にしてしまいましょう。

 

寝癖や湿気によるうねりも、お団子なら簡単にスッキリまとまり解決できます。

夏場なら首元も涼しく、暑さ対策にもなりますよ。

 

ヘアセット後にはヘアスプレーで髪型をしっかりキープすることも忘れないように。

一日中髪の崩れが気にならなくなりますよ。

 

さらに、日々の髪の崩れを気にせずにすむように普段のヘアケアにも意識を向けてみましょう。

小さなことからでも十分です。

例えば、寝る前に髪をしっかり乾かしてから寝ることは髪にとって非常に重要です。

 

面倒くさく感じることもあるでしょうが、これが続かないと髪へのダメージにつながってしまいます。

頑張って髪を乾かしてから寝る習慣を身につけましょう。

 

 

雨の日の自転車通学で靴が濡れない工夫

雨の日の自転車通学で、気になることは髪型だけではありません。

通学中に靴がびしょ濡れになるのも悩みの一つです。

靴が濡れない方法をご紹介します。

 

雨の日にはレインコートがあるように、靴に被せるレインシューズカバーがあります。

これを使うことで雨水が靴の中に入るのを防げます。

靴下まで濡れる心配もなくなりますので、快適な通学が可能です。

さまざまな種類のレインシューズカバーが発売されてるので、自分に合ったものを選んでみてくださいね。

 

まとめ

雨の日の自転車通学での前髪の悩みについてお答えしました。

ヘアピンとスプレーが役に立ちそうです。

雨の日はくせ毛になったりもしますので、まとめるのもいいと思いますよ。

テキストのコピーはできません。