本ページはプロモーションが含まれています

焼きそばのお弁当は前日に作っておいて大丈夫?傷みにくい作り方

手軽に作れる焼きそば。

お弁当にするときも楽ちんです。

 

でも前日の夜に作って次の日のお弁当にしても大丈夫なのか心配になるときありますよね。

 

ここでは、焼きそばをお弁当にする場合に前日に作っておいても食中毒などは大丈夫なのか解説していきます。

 

結論を言いますと、きちっと処置すればお弁当に出来ます。

 

前日に調理した焼きそばをお弁当にしてもいい?

焼きそばは前日に作ったものでも、お弁当に詰めても構いません。

ただし、適切な保存を怠ると品質が損なわれる可能性があります。

 

焼きそばは具材が豊富で、肉や野菜が含まれているため腐りやすく、長期間の保存には適していません。

もし明日や明後日に食べる予定で、余った場合は必ず冷蔵庫で保存してください。

 

焼きそばを室温で1日以上放置すると傷んでしまい、最悪の場合、食中毒のリスクがあります。

 

保存した焼きそばが以下のような異常な状態であれば、絶対に食べないでください。

  • 粘り気がある
  • 酸っぱい匂いがする
  • 野菜に白いカビが付いている

冬季であれば、室温で1日以上放置しても問題ない場合もあります。

でも、夏季は数時間の放置でも傷む可能性があるため、十分に注意してください。

 

前日に調理した焼きそばをお弁当に詰める際の手順

作り置きの焼きそばをお弁当に入れるときは、以下のポイントに注意してください。

 

焼きそばを入れる容器は清潔に保つ

冷蔵庫で保存する際は密閉できる容器を使用します。

ただし、容器が汚れているとそこから菌が繁殖して焼きそばが傷む可能性があります。

十分に洗浄しましょう。

また、洗いたてで水滴がついている場合は、しっかり拭き取るか乾かしてから使用してください。

 

具材には十分に火を通す

お肉だけでなく、野菜もしっかりと火を通しましょう。

調理から食べるまでの時間が長いほど、菌が繁殖しやすくなり傷みやすくなります。

具材にしっかりと火を通して、水分を飛ばすことが食中毒予防につながります。

麺を容器に入れる前に、必ず火が通っているか確認してください。

 

冷蔵庫へは粗熱が取れてから

出来立ての焼きそばを容器に入れ、すぐに冷蔵庫に入れるのは避けましょう。

調理後は蓋をしないで、粗熱を十分に取りましょう。

すぐに蓋をすると、焼きそばからの蒸気で水分が発生し傷む原因になります。

また、その水分によって麺がべちゃっとして、食感が悪くなる可能性があります。

 

朝にもう一度温める

そのままでも食べられますが、朝に1度温めるか炒めなおすと安心です。

冷蔵庫から出した焼きそばは、ガチガチに固まってお弁当に詰めにくい場合があります。

そんな時は電子レンジで軽く温めなおすと、パラパラになります。

再度冷ます手間はかかりますが、温めなおすように心がけましょう。

 

焼きそばお弁当がくっつかないようにするには

冷蔵庫で保存していた焼きそばは、麺がくっついて固まってしまい食べづらいことがありますね。

食べる前に電子レンジで温めるのが理想的ですが、電子レンジが使えない場合もあります。

焼きそばがくっつかないようにするいくつかのテクニックを紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

 

焼きそばの具材を炒める際のテクニック

具材を炒める際のポイントをお伝えします。

油は控えめに

油が多いほうが麺がくっつかないのではないかと思うかもしれませんが、逆効果です。

麺が油を吸ってしまい、逆にくっつきやすくなります。

 

十分に火を通す

水分を飛ばすためにしっかりと炒めましょう。

 

麺を炒める際のテクニック

麺を炒めるコツは3つあります。

 

炒める前に洗う

水を使って麺をほぐす代わりに、少しの水で洗ってよく水を切ります。

 

炒める前に電子レンジで温める

1分ほど温めると、麺がほぐれやすくなり水を使わなくても柔らかく仕上がります。

 

麺を切っておく

炒める前にはさみなどで麺を切っておくと、食べるときに絡まりにくくなり、食べやすくなります。

お弁当に詰める際も簡単になります。

焼きそばをお弁当に詰める際は、しっかりと冷ますだけでもくっつきにくくなりますよ。

 

焼きそばがくっついてしまう原因

焼きそばがくっついてしまう原因は、麺に含まれるでんぷんなんです。

でんぷんは加熱で溶け出しますが、冷やすことで麺の周りで凝固してしまいます。

これにより麺がくっついてしまうのです。

他にも麺や具材から出る水分がくっつく原因となります。

まとめ

焼きそばを前日に作っておいて次の日の弁当に使えるか紹介しました。

しっかり具材に火を通し、粗熱とれてから冷蔵庫で保存する、お弁当に詰める前に温めなおすなどの処置をしておけば焼きそば弁当として使えます。

 

特に夏場は注意しましょう。

テキストのコピーはできません。