本ページはプロモーションが含まれています

卵焼きは冷蔵庫での日持ちは何日?翌日のお弁当に使える?

何となく日持ちしないイメージがある卵料理。

卵焼きもすぐ傷みそうな気がしますよね。

 

明日のお弁当にも入れたいけど今のうちに作って作り置きして大丈夫なのか心配になりますね。

 

ここでは、卵焼きの日持ちについて、冷蔵保存したら次の日のお弁当にも使えるのか解説します。

 

卵焼きは冷蔵庫保存で何日もつ?

卵焼きを冷蔵庫に保存した場合、通常は翌日までの日持ちします。

といっても、できるだけ早めに食べてしまうことが望ましいです。

冷蔵庫に保存する際には、卵焼きにラップをしっかりとかけて乾燥を防ぐように心掛けましょう。

ただし、夏などの暑い季節では食品が傷みやすく、2日保存しただけでも腐る可能性があるため注意が必要です。

 

冷蔵庫に入れていてたとしても菌の繁殖を完全に防ぐことは難しいため、長期保存は避けましょう。

 

卵焼きが腐っているか心配なときは以下のポイントを確認してください。

  • 酸っぱい臭いはしないか
  • 通常と異なる変な臭いがしないか
  • 表面がべたべたしてて糸を引いていないか
  • 変な味がしないか
  • カビが生えていないか

少しでも異常を感じた場合は、もったいないよりも安全を優先し迷わず廃棄しましょう。

 

 

卵焼きの作り置きの冷蔵庫への保存方法

卵焼きはお弁当には欠かせないおかずですので、作り置き出来たら朝の準備がスムーズになりますね。

しかし、残念ながら卵焼きは作り置きにはあまり適していません。

 

冷蔵庫で保存しても、食べる目安は当日から翌日までと非常に短いです。

そのため、冷蔵保存と常温保存では保存期間に大きな違いはありません。

 

作り置きを考えている場合は、冷凍保存がおすすめです。

 

卵焼きの冷凍保存方法

冷凍保存すると、卵焼きは約2週間程度の保存が可能です。

ただし、保存期間には気をつけなければなりません。

長期間冷凍すると、冷凍焼けが発生し美味しさが損なわれる可能性があるため、期間に留意しましょう。

 

卵焼きを冷凍保存する際には、一つずつラップで包むことがポイントです。

隙間なく丁寧に包み、密封します。

その後、ジップロックなどの袋に入れ冷凍庫で保存します。

 

注意点としては、卵焼きを冷凍する際は中まで十分に火を通すようにしましょう。

半熟は避け卵焼きが完全に火を通っていることが重要です。

半熟の状態で冷凍すると、解凍時に細菌が繁殖しやすくなるだけでなく、水分が多いと美味しさにも影響します。

 

特に出汁巻き卵などは冷凍保存には向かないので注意が必要です。

 

冷凍用に卵焼きを作る場合は、水分量を減らす工夫が必要です。

砂糖や片栗粉を加えることで水分を減らせます。

また、マヨネーズを加えると解凍後もふわふわの食感を保つことができますので

試してみてください。

 

 

卵焼きを冷蔵庫に保存すれば翌日のお弁当に使える?

冷蔵庫に保管していた卵焼きは、翌日のお弁当に使用することは可能です。

ただし、お弁当に入れた後は通常室温になるため細菌の繁殖を防ぐ工夫が必要です。

保冷剤を使用したり、市販のお弁当用抗菌シートを敷いたりすると良いでしょう。

 

もし子供のお弁当に卵焼きを入れる場合は、お弁当の保管場所にも気を付ける必要があります。

直射日光や高温多湿な場所にお弁当を放置しないようにしましょう。

細菌が繁殖すると、お弁当の食べる時間には腐ってしまう可能性も考えられます。

 

また、あらかじめ翌日のお弁当に入れると考えている場合は、卵焼きを作る際にしっかり火を通すように注意しましょう。

生焼け部分が残っていると、それは生卵を翌日まで放置したことと同じです。

実際に食中毒が発生することもあります。

 

 

旦那さんが毎日お腹を壊していたが、その原因は奥さんがお弁当に入れていた卵焼きだったというエピソードもあります。

卵焼きの生焼けが原因で、旦那さんは毎日軽い食中毒になったということなんですね。

 

私は卵焼きを上手に作るのが苦手で、たまに上手に作れる日があると一気にたくさん作ってしまいます。

「作りすぎたけど、これって明日のお弁当に使えるかな?」

なんて思っていましたが、しっかりと火が通っているか確認しないといけませんね。

 

まとめ

卵焼きの日持ちについて解説しました。

冷蔵庫でも常温でも日持ちそのものは大差ありません。

次の日までです。

冷凍保存にすれば2週間はもちますので、すぐに食べる予定が無い場合は冷凍しましょう。

 

テキストのコピーはできません。