定期券や定期入れを紛失したときに見つかる確率は?悪用される危険性
本ページはプロモーションが含まれています

定期券や定期入れを紛失したときに見つかる確率は?悪用される危険性

定期券を落とすと絶望ですよね。

買ったばかりだと途方に暮れてしまします。

定期券をなくした場合に見つかる確率ってどれくらいなのでしょうか。

 

ここでは、定期券を紛失した際に見つかる確率と、無くしたときにやること、なくさないようにする工夫など紹介していきます。

 

定期券を紛失した場合の見つかる確率

定期券を紛失して見つかる確率は一般的には約30%とされてます。

つまり3分の1の確率で見つかるとされていますが、これは決して高い数値ではありません。

 

しかし、この数値は一定ではなく様々な要因によって変動します。

時間や場所、さらには失くした後の行動によっても見つかる可能性は大きく異なります。

 

日本のように人々が基本的に他人を信じる傾向にある社会では、もう少し見つかる確率が高くてもおかしくないはずです。

少なくとも、そうあってほしいと願います。

 

定期券を紛失したときにやること

定期券を失くしてしまった際に最初に行うべきことは、駅の窓口に足を運ぶことです。

落とし物や失くし物を警察に届けるのが頭に浮かぶかもしれませんが、まずは不正使用を防ぐことが最優先です。

 

特にICカード式の定期券の場合、ショッピング機能も備わっているため迅速に使用停止の手続きを取る必要があります。

窓口であれば、使用停止の手続きはもちろん不正使用を防ぐ措置を講じることができます。

また、ICカード式であれば再発行の手続きも可能です。

紛失に気づいたら、速やかに駅の窓口へ向かいましょう。

 

警察に落とし物の届を出したけど連絡がないこともよくあります。

どんなときに連絡が来ないのか、どうしたらいいのかについてはこちらの記事に詳しくまとめてあります。

こちらもチェックしてみてください。
↓↓
警察に落し物届を出したけど連絡がこないときどうする?

 

定期券を紛失したときに悪用される危険性

不正使用のリスクについて考えると、磁気式とICカード式の定期券では異なる点があります。

 

磁気式定期券の場合、紛失した際に不正使用される恐れがあります。

でも、直接商品を購入するために使用されることはありません。

ただし、定期券の払い戻しを申請することは可能です。

これには身分証明書が必要となりますが。

 

もし定期券と身分証明書を一緒に失くしてしまった場合、定期券の残り期間や運賃が多いほど払い戻しがされる可能性があります。

紛失に気付いたら、すぐに利用を停止させることでこれらのリスクを避けることができます。

 

一方、ICカード式定期券はカードにお金をチャージして使用することができるため、紛失した場合には不正使用されるリスクがあります。

チャージした金額を使ってショッピングが可能なため、紛失に気づいたら迅速に使用停止の措置を取ることが重要です。

 

定期券を紛失したときの対応

盗難や紛失の場合に連絡をすべき場所についてです。

盗難に遭った際

定期券が盗まれた場合、最初に行うべきはその定期券の使用を直ちに停止させることです。

盗難が確実であると判断したら、使用停止措置の後、近くの警察署にて被害届を出しましょう。

 

自分で紛失

自らが原因で定期券を紛失した場合も、迅速にその使用を停止することが肝心です。

最寄りの駅の窓口で使用停止の手続きを取り、その後は周囲を丹念に探しましょう。

 

定期券の紛失を防ぐには

定期券の紛失を防ぐための対策はいくつかあります。

リールで鞄に固定

定期券を失くすことは、金銭的、精神的に大きな負担となります。

予防策として、鞄に固定できるフック付きリールを使用することが推奨されます。

これにより、定期券が落下するリスクを大幅に減少させることができます。

 

紛失防止タグ付きパスケース

ICカード用のパスケースに紛失防止タグが組み込まれた製品が売られています。

このパスケースを使用すると、紛失時に専用アプリを通じて通知が届き落とした場所を特定できるようになります。

紛失を極力避けたい方には、このようなパスケースの利用がお勧めです。

 

音が出るアクセサリーの利用

また、鈴のように音が出るアクセサリーを定期券やパスケースに付けておくと落とした際に音で気づくことができます。

ただし、小さな音では人混みの中では聞き逃す可能性があるため大きな音が出るものを選ぶことが望ましいです。

音が出るアクセサリーは、紛失防止策としても有効です。

 

まとめ

海外に比べると治安の良い日本といえども定期券を紛失しても見つかる確率は高くありません。

焦る気持ちは分かりますがまず利用停止の手続きをしましょう。

万が一のために利用停止の仕方を確認しておくことも大事です。

テキストのコピーはできません。