ほんだしとだしの素の違いって?手元にないときの代用品も紹介
本ページはプロモーションが含まれています

ほんだしとだしの素の違いって?手元にないときの代用品も紹介

本当ならかつお節や昆布から出汁を取るのが一番いいのでしょうけど、毎日の料理ではなかなか手間をかけてられません。

そんな時にササっと入れるだけで出汁が入れられるだしの素は便利ですよね。

私も毎日のお味噌汁には顆粒だしを使ってます。

 

よく紹介されてるレシピで「ほんだし」だったり「だしの素」を使うものを紹介されてますが、この二つは何が違うのでしょうか。

 

ここでは、「ほんだし」と「だしの素」の違いや無い時に代用品として使えるものについて紹介します。

 

「ほんだし」について

スーパーマーケットの棚に頻繁に並んでいる「ほんだし」について見てみましょう。

この「ほんだし」というのは、一体何なのでしょうか?

「ほんだし」は、味の素株式会社から発売されている同社の製品ラインナップの一つです。

あの「味の素」という名前で広く知られる食品製造企業です。

 

この「ほんだし」には、独自のブレンドによる3種類のかつお節が使用されています。

香り、味わい、そして深みに富んだ日本式の調味料となっています。

主要な成分には、塩、砂糖、そしてかつお節が含まれています。

さらに、使用時の便利さを考慮した小分けパッケージも提供されており、扱いやすい設計となっています。

 

ただし、この製品には乳成分が含まれているため、アレルギーを持つ方は使用に際して注意が必要です。

 

「だしの素」について

スーパーマーケットで頻繁に目にする「だしの素」について探ってみましょう。

この「だしの素」とは、一体どんな製品なのでしょうか?

 

「だしの素」は、シマヤ株式会社によって提供されています。

シマヤは山口県を拠点とする食品メーカーです。

味噌や醤油、つゆを含む和風調味料を多く製造しており、「だしの素」もその一つです。

一部には、この企業の名前があまり知られていないかもしれません。

 

この「だしの素」は、かつお節に特化して製造された日本式の調味料です。

製品は粉末と顆粒の二形態で提供されており、どちらも水に素早く溶けます。

主要成分は、ぶどう糖、塩、そしてかつお節です。

 

「ほんだし」と「だしの素」の違い

「ほんだし」と「だしの素」という二つの和風調味料がどのように異なるか、または類似しているかを詳しく解説します。

結論から先に言いますが、そんなに違いはありません。

 

細かい点の違いを説明していきます。

まず、「ほんだし」と「だしの素」の共通点ですが、主成分にかつお節を用いている点で一致しています。

かつお節は、その独特な風味と香りで日本料理に深みを加える重要な要素であり、これによってどちらの製品もその基本的な味わいを形成しています。

また、どちらの製品も、料理の下ごしらえからメインディッシュまで、幅広い用途に対応できるように設計されています。

 

しかし、微細な違いとして、原材料の組成や製品ラインナップのバリエーションに若干の差があります。

「ほんだし」は、3種類のかつお節をブレンドしており、この独自の配合が独特の香りとコクを生み出しています。

さらに、乳成分を含む製品もあるため、アレルギーに配慮が必要です。

 

一方で、「だしの素」は、かつお節にこだわりを持ちつつも、粉末タイプや顆粒タイプといった形状の選択肢を提供しており、料理に応じて使い分けることが可能です。

これにより、ユーザーは溶解性や使用の手軽さを基準に製品を選択できます。

 

結局のところ、「ほんだし」と「だしの素」のどっちを選ぶかでは個人の味の好みや特定の料理に対するニーズ、さらにはアレルギーの有無などにゆだねられます。

どちらの製品も、日本の食文化における重要な役割を果たしており、料理をより豊かなものにするための選択肢として存在しています。

 

「ほんだし」や「だしの素」の代用品

料理の際には必須でもある「ほんだし」や「だしの素」。

手元にない場合でも心配無用です。

そんな時に便利な代替品を5つ紹介します。

めんつゆ

まず、めんつゆが挙げられます。

かつお節や昆布のような和風の味わいを持ち、様々な日本料理にマッチするため優れた選択肢です。

ただし、醤油の味が強めなので使用する量に注意が必要です。

 

白だし

めんつゆに似ていますが、白醤油を使っており色味が控えめである点が特徴です。

色を抑えたい料理には最適です。

 

昆布茶

昆布茶もまた、優れた代用品の一つです。

通常は飲料として知られていますが、昆布からの自然な出汁が料理に深みを加えます。

ただ、塩分が多いため調整が必要です。

 

鶏がらスープ

鶏がらスープは、和食よりも中華風の風味をもたらしますが変わった味わいを楽しみたい時には良い選択です。

 

干ししいたけ

干ししいたけは、その濃厚な旨味と香りで知られています。

特に和食においては、出汁をとる際に重宝されます。

時間をかけて出汁を抽出することで、より一層の味わいを引き出すことができます。

 

これらの代用品を駆使すれば、「ほんだし」や「だしの素」がない状況でも料理を美味しく仕上げることが可能です。

 

まとめ

「ほんだし」と「だしの素」の違いについて解説しました。

ほとんど違いはないということです。

どっちを選ぶかは好みですね。

あとは、その時々で安い方を買うということでしょうか。

テキストのコピーはできません。