本ページはプロモーションが含まれています

東京バナナの日持ちは一週間?賞味期限切れはどれくらいまで大丈夫?

東京のお土産で有名な東京バナナ。

賞味期限も知っておきたいところです。

賞味期限が切れてもどれくらいなら食べられるのかも気になりますよね。

 

ここでは、東京ばな奈の賞味期限や期限が切れてどれくらいまで食べられるのか、保存方法など紹介します。

 

東京バナナの賞味期限

東京バナナは、カスタードクリームとバナナのピューレを使用しており、新鮮な味わいが特徴です。

そのため、賞味期限は比較的短めです。

購入場所によって賞味期限の起算点が異なります。

店頭で購入した場合は購入日が起算点となりますが、オンラインショップなどで購入した場合は商品が発送された日が起算点です。

どちらの場合も賞味期限は1週間とされています。

 

もし東京バナナをもう少し長く保存したい場合、冷凍保存が有効です。

冷凍することで、賞味期限を1ヶ月まで延ばすことができます。

ただし、時間が経過すると冷凍焼けが生じやすく風味や食感が落ちる可能性があるため、出来るだけ早く食べるようにしましょう。

 

関西地方で有名な御座候もお土産によく買われます。

御座候の賞味期限についてはこちらの記事に詳しくまとめてあります。

こちらもチェックしてみてください。
↓↓
御座候の賞味期限はどれくらい?冷凍と常温で日持ちが変わる?

 

東京バナナの賞味期限が切れてもいつまで大丈夫?

東京バナナの賞味期限は購入日もしくは発送日を含めて約1週間ですが、賞味期限後も一定期間内であれば食べられる場合があります。

賞味期限の意味

賞味期限とは、製造者が定める食品が最もおいしいとされる期間です。

この期間は、品質、風味、栄養が保証される最後の日を指します。

製造者は、「消費(賞味)期限設定試験」によって食品の持続可能な期間を試験し、その結果に基づき賞味期限を設定します。

通常、設定された賞味期限には安全性を確保するための余裕が含まれているため、実際の食品が持つ期間は表示された賞味期限よりも長くなることが一般的です。

 

賞味期限切れの東京バナナの扱い

賞味期限を過ぎた東京バナナが食べられるかどうかは、製品の状態によります。

未開封で保存状態が良ければ、賞味期限を少し過ぎても安全に食べられる可能性があります。

ただし、以下の兆候が見られる場合は食べるのを避けるべきです。

  • カビの発生: カビが見える場合、表面だけでなく内部にも菌が広がっている可能性が高いです。カビが生えている東京バナナは健康に害を及ぼす可能性があるため、食べないでください。
  • 甘味の減少: バナナカスタードクリームの甘味が明らかに減少している場合、それは品質が落ちているサインです。
  • 食感の変化: クリームが粗くなったり、スポンジが硬くなることがあります。これも品質の劣化を示しています。

 

東京バナナの保存方法

東京バナナをできるだけ長持ちさせるためには、適切な保存方法が重要です。

常温保存は基本ですが冷蔵や冷凍が可能です。

冷蔵保存すると少し長持ちしますが、クリームの風味や食感が変わることがあるので注意が必要です。

冷凍保存の場合、賞味期限を最大1ヶ月まで延ばすことができます。

 

それぞれの方法と注意点を紹介します。

常温で保存する場合

東京バナナは基本的に常温で保存します。

ただし、生バナナが使用されているため、直射日光や高温多湿を避けることが大切です。

特に夏場は腐りやすいので、早めに食べることをお勧めします。

冷蔵庫で保存する場合

クリームが心配な夏場には冷蔵が適していますが、賞味期限の延長にはなりません。

冷蔵するとスポンジが硬くなることがあります。

また、冷蔵庫から取り出した後は一度に食べ切ることが重要です。

取り出した際に袋内に結露が生じ、それがカビや腐敗の原因になるためです。

冷凍で保存する場合

余った場合は冷凍が推奨されます。

冷凍すると1ヶ月ほど持ち、中のクリームがアイスクリームのような食感になります。

凍ったままアイスクリームとして楽しむことができ、また少し温めるとまた違った美味しさが楽しめます。

東京バナナを棒に刺して冷凍すれば、スティックアイスのようにして食べることもできます。

 

東京バナナが腐るとどうなるか

東京バナナがどのように腐るか、その特徴について説明します。

東京バナナは加工された菓子なので、比較的腐りにくいですが賞味期限が大幅に過ぎたり、保存状態が適切でない場合には腐ることがあります。

腐った時の主な変化は以下の通りです。

  • カビが生える: 東京バナナが湿気を帯びると、カビが生えやすくなります。
  • 味が変わる: 材料が劣化すると、本来の味が失われます。

東京バナナは賞味期限を少し過ぎただけでも食べられる場合が多いですが、腐らせないように正しい方法での保存が重要です。

 

まとめ

東京バナナの賞味期限や保存方法について解説しました。

基本は1週間です。

賞味期限切れでも多少は食べられますが、傷んでないか注意して食べましょう。

テキストのコピーはできません。