本ページはプロモーションが含まれています

生徒会選挙の公約が思いつかないときの中学生の考え方

生徒会選挙に出るからには生徒の目を惹く公約を掲げて注目を浴びたいものです。

といっても、なかなか公約が思いつかないですよね。

 

ここでは、中学の生徒会選挙で公約が思いつかないときの斬新で実現可能な公約の例と考え方について紹介します。

 

生徒会選挙で公約が思いつかないときの作り方

生徒会選挙での公約とアイデアが浮かばない場合の、基本的な事項から説明します。

公約とは、当選後に実行する約束のことを指します。

中学生の場合、公約の内容を聞いて当選者を選ぶこともあるかもしれません。

 

公約は生徒会選挙において非常に重要な要素です。

では、どのような公約が適しているのでしょうか。

 

公約を決める際に有効な方法は以下の3つです。

  • 家族、友達、先生に相談してみる。
  • 具体的な内容を伝える。
  • 実現可能なことを公約する。

順に解説いたします。

家族、友達、先生に相談してみる

相談することで、自分の考えを客観的に見ることができます。

「自分の公約は独りよがりではないか?」「生徒や学校にメリットがあるだろうか?」などの疑問が生じた場合でも、相談することで新たなアイデアのヒントが得られる可能性があります。

公約は周りの人と協力して決めることが大切です。

 

具体的な内容を伝える

公約の内容は分かりやすく表現しましょう。

  • あいさつ運動を実施します。
  • 目安箱を設置します。
  • 朝の掃除を励行します。

このように、伝わりやすくイメージしやすい公約であれば、生徒たちからの支持が得やすくなります。

 

実現可能なことを公約する

言葉に責任を持ち、実行できる公約を立てることは信頼を築く一環です。

逆に虚偽は信頼を損ないます。

誠実に、かつ実現可能な範囲内で公約を掲げましょう。

 

 

生徒会選挙において実現可能な公約案

中学生の生徒会選挙において実現可能な公約のアイデアリストをご紹介します。

公約を考える際のヒントとしてお役立ていただければと思います。

 

あいさつ運動を強化する

廊下や教室などでのあいさつを徹底することで、学校をより明るく元気な雰囲気にすることができます。

 

学校・地域の美化

校内外でのゴミ拾い活動を通じて、学校と地域の美化に協力します。

 

生徒の声を反映した学校運営を行う

目安箱の設置と月例のアンケートを通して、生徒の声を集約。

HPを活用し、広範な意見を得るための環境整備も行います。

生徒の声を学校運営に反映することで、生徒がより過ごしやすい学校にします。

 

快適な学校生活の実現

エアコン、扇風機、ヒーターを各教室に配備して、生徒たちが快適な学習環境を享受できるよう努めます。

 

昼の放送や掃除時間の音楽選定

生徒のリクエストを基に、昼の放送や掃除の時間に流す曲を選定します。

 

要望の多いメニューの給食導入

生徒の希望に応じて、給食メニューに新たなアイテムを取り入れます。

 

部活動の支援を行う

部活動の活動費や大会への参加費などの支援を行い、生徒が部活動をより充実して楽しめるようにします。

 

新しい部活動の創設

生徒の希望に応じて、新しい部活動を設立する機会を提供します。

 

図書室の本選定をアンケートで

生徒の意見を尊重し、図書室に置くべき本をアンケートで選定します。

 

休日でも教室の開放

希望する生徒に対して休日でも教室を開放し、自主学習や活動の場を提供します。

 

学校行事の充実を図る

文化祭や体育祭などの学校行事をより盛り上げ、生徒の思い出に残るものにします。

 

新しい行事の導入

これまでになかったイベントや行事(球技大会、写生大会、校内お笑いグランプリなど)を新たに取り入れ、学校生活に新たな刺激を与えます。

 

学習環境の改善を図る

教室の環境や図書館の充実など、生徒が学習に集中できる環境を整えます。

 

環境問題への取り組みを強化する

リサイクルや省エネなどの取り組みを推進し、環境問題への意識を高めます。

 

ボランティア活動を推進する

地域の清掃活動や福祉施設への訪問など、ボランティア活動を通して生徒の社会貢献意識を育みます。

 

生徒会選挙における斬新な公約のアイデアとその考え方

アイデアの応用編です。

まず、中学校の様々な公約の中から斬新な公約7選をご紹介します。

 

  1. 学年関係なしのチームで運動会や合唱コンクールを実施する。
  2. 文化祭で地元出身の著名人に来ていただく。
  3. 修学旅行先はみなさんのアンケートと投票で決めます。
  4. 地域別でゴミ拾い大会を定期的に開催する。
  5. 代表の先生たちによるショート授業コンテストを半年に1回開催します。
  6. 「生徒会活動のオンライン化」を推進する。
  7. 「生徒の国際交流の機会を増やす」取り組みを行う。

 

斬新な公約について解説します。

公約はスタンダードでシンプルなものが良いとされますが、生徒の心をつかむには斬新なアイデアも重要です。

斬新な公約を出したいときに注目するポイントです。

 

ベースとなる公約に意外性を加える

先ほど説明した先生への相談、具体的な内容の伝達、実現可能なことの公約に、意外性をプラスすることが重要です。

 

他の公約を参考にしてみる

斬新なアイデアは一朝一夕に思いつくものではありません。

他の公約を参考にしながら、アイデアを練り上げていくことが大切です。

 

これらのポイントを頭に入れながら、ベースとなる公約を改良し、想像もしていない斬新な公約を生み出してみてください。

他の斬新な公約も参考にして、自分独自のアイデアを考えることが早道です。

 

 

まとめ

中学校の生徒会選挙の公約が思いつかないときの公約の例やアイディアについて紹介しました。

生徒会選挙の公約は具体的なものにして実現可能なものにしましょう。

それにプラスしての意外性であり斬新さです。

 

先生や友達にうも相談しながらいい公約を考えてください。

テキストのコピーはできません。