本ページはプロモーションが含まれています

ネイルチップにアロンアルファを使ったときの取り方と注意点

ちょっとしたオシャレを楽しめるネイルチップ。

ネイルグルーが無いからといってアロンアルファでネイルチップを付けたりしてませんか?

 

アロンアルファで付けると取るのも大変ですし、何より体によくありません。

 

ここでは、ネイルチップをアロンアルファで付けた場合の取り方や注意点を解説します。

 

アロンアルファで取り付けたネイルチップの取り方

アロンアルファで取り付けたネイルチップは、通常のネイルグルーで取り付けた場合と同じように、アセトンやネイルリムーバーを使用してネイルチップを溶かして取り外すことができます。

ネイルチップを溶かして剥がすとなると、チップは1日の寿命となります。

 

アセトンを使用せずに無理に剥がしてしまうと、爪も一緒に剥がれそうで危険ですので、くれぐれも無理にはがさないでください。

 

また、ネイルチップを取り外す際には大量のアセトンが必要で、手の水分も失われる可能性があります。

そのため、爪とネイルチップの間にアセトンを染み込ませ、徐々に剥がす方法を試してみてください。

ネイルチップを取り外した後は、爪に残っているアロンアルファをやすりなどで削って取り除きましょう。

 

 

ネイルチップにアロンアルファを利用することの問題点

アロンアルファは人体用に設計されたものではありません。

アロンアルファは皮膚に触れた場合、即座に洗い流す必要があります。

皮膚についた場合、無理に取り除かずにぬるま湯でこすり洗いしてください。

 

アロンアルファの注意事項には以下が挙げられています。

  • 爪が傷む可能性があり、ボロボロになることがある。
  • 爪にアロンアルファの跡が残り、汚い状態が一時的に続くことがある。
  • 爪が病気になり、最悪の場合回復しない可能性がある。

 

爪が傷むことは一定期間だけでそのうち回復できるかもしれませんが、病気になることは嫌ですよね。

 

さらに、アロンアルファは固まる際に水分を使い、その過程で熱を発します。

この熱のせいで爪の水分が奪われてヒビ割れや熱感が生じる可能性があり非常に危険です。

 

爪は健康の指標であり、色、輝き、乾燥、デコボコなどから健康状態が分かります。

爪がなくなると握力も減少し、生活が不便になる可能性があります。

ネイルチップを毎日使用するのもお勧めできませんが、使用する際には爪の状態にも気を配ってください。

 

 

アロンアルファの取り外しに使うはがし液

アロンアルファの取り外し液は、先ほどアセトンを使用する方法をご紹介しましたが、代わりにネイルの除光液も利用できます。

除光液の成分にはアセトンが60〜90%含まれています。

除光液は一般のご家庭にあるものですし、薬局や100均でも手に入れやすいので手軽に試すことができます。

 

アセトンや除光液を使うのが嫌だと感じる方は、お湯でネイルチップをふやけさせる方法もおすすめです。

ただし、かなりの時間がかかることになります。

ただお湯に手をつけているだけでは時間の無駄であり、不便かもしれません。

お風呂の湯舟に浸かる間など、うまく時間を使ってネイルチップを外してみましょう。

 

ネイルチップを外す際は徐々に行いましょう。

つま楊枝やウッドスティックを使うと剥がれやすく、指を傷つけることもありませんよ。

 

他にはネイルオイルを使用するという方法もあります。

お湯でネイルチップをある程度ふやかした後、ネイルチップの周りにネイルオイルを塗り、つま楊枝やウッドスティックで徐々に取り外してください。

 

「アロンアルファはがし隊」という商品もあります。

「アロンアルファはがし隊」は評判が良く、チューブ型なのでボトルの除光液よりも使いやすいかもしれません。

ネイルチップの周囲に染み込ませ、つま楊枝やウッドスティックを使って徐々に剥がしてください。

なお、成分はアセトンです。

 

まとめ

ネイルチップをアロンアルファで付けるのは危険ですね。

すぐに取りたい場合はアセトンやネイルリムーバーを使いましょう。

除光液でもいいですよ。

テキストのコピーはできません。