本ページはプロモーションが含まれています

金八先生の奥さんは保健の天路里美先生!アマゾネスと結婚したのはどのシリーズ?

天路里美先生は金八先生の勤務する桜中学の保健の先生です。

金八先生の第1シリーズおよび第2シリーズに登場してます。

 

金八先生のいい相談相手という立ち位置の同僚でしたが後には金八先生と結婚します。

ここでは、金八先生の第1シリーズおよび第2シリーズに登場する桜中学の保健室の先生で、後に坂本金八の妻となる天路里美先生についてまとめてました。

 

金八先生の保健の先生・天路里美

天路里美先生は桜中学の保健先生つまり養護教諭です。

倍賞美津子さんが演じています。

登場当初で32~3歳でした。

 

天路という名前と勝気な性格から生徒たちから「アマゾネス」というあだ名で呼ばれるタイプの先生です。

一方で、彼女は情に厚く涙もろい一面も持っています。

感極まり大号泣してしまうので卒業式に参加しないほどでした。

 

第2シリーズでは、不良と目される加藤優にも平等に接していました。

 

金八は学校のマドンナである田沢先生に思いを寄せていましたが、時折、金八と天路先生が良い雰囲気になる場面も描かれています。

金八の肩に頭を寄せるシーンもありました。

これは後に結婚する布石だったのでしょうか。

 

3年B組金八先生スペシャル1では長女である乙女を、3年B組金八先生スペシャル2では長男である幸作を身ごもっていたため、お腹が大きかったです。

 

天路里美という名前ですが、金八と結婚したあとは坂本里美になります。

 

天路先生が登場した作品と結婚したシリーズは?

天路先生が登場したのはレギュラーシリーズの第1~3シリーズおよびスペシャルの1~8です。

金八先生第1シリーズに続いて放送された1年B組新八先生にも姿を見せます。

 

金八第4シリーズと3年B組金八先生スペシャル9では、彼女は遺影として登場します。

 

天路里美先生が金八先生と結婚したシリーズ

金八先生第2シリーズの後に3年B組金八先生スペシャル1が放送されましたが、このスペシャルではすでに二人は結婚してることになってます。

つまり、金八先生と天路先生は第2シリーズと3年B組金八先生スペシャル1の間に結婚したことになります。

具体的な結婚までのシーンなどは描かれてません。

 

なお、天路先生は結婚後に楓中学校に転任しました。

 

なぜ金八先生と天路先生の結婚することになったのかの説明は3年B組金八先生スペシャル1の冒頭で金八が手紙で語っています。

内容は、田沢悦子先生(名取裕子)の昔の恋人が帰国するという噂を聞き、金八先生は悦子先生を諦めることにしました。

その後アマゾネスと結婚することになりましたが、結婚式の際には悦子先生の昔の恋人は既に海外に戻ってしまった。

といってアマゾネスとの結婚を後悔してるわけではない。

といった感じです。

 

 

金八先生の奥さんの坂本里美先生が亡くなったのはどのシリーズ?

金八先生の妻・坂本里美が亡くなったのは3年B組金八先生スペシャル8と第4シリーズ第1話の間です。

乳がんだったということです。

 

第4シリーズの第1話では、君塚元校長(赤木春恵)が遺影の前で「もう3年になるんですね」と語る場面があります。

第4シリーズが1995年であることから、彼女の死亡は3年前の1992年にあたると考えられます。

 

3年B組金八先生スペシャル8の放送日は1990年12月28日であり、この日付が整合しています。

 

スペシャル8:1990年

里美死去:1992年

第4シリーズ:1995年

という時系列ですね。

 

彼女の死ぬ場面は直接描写されていません。

ですが、後に第7シリーズの第13話で、金八が涙ながらに里美を看取った様子を生徒に話すシーンがあります。

 

まとめ

金八先生の奥さんのアマゾネスこと天路里美先生についてまとめました。

 

当時この作品を見てたのは小学生中学生の頃でしたからすごく年上で怖い先生に思えました。

でも30代とまだ若く、しっかりと生徒に向き合った良い先生ですね。

 

 

テキストのコピーはできません。