本ページはプロモーションが含まれています

50cmってどのくらい?身近なもので簡単に測る方法

50cmってどれくらいの長さなのでしょうか。

身長が150cmの人ならば自分の身長の1/3くらいかな?みたいな想像はできるでしょうけど、どれくらいの長さかはっきりとは分かりませんよね。

50cmの定規があれば簡単ですが持ってる人も少ないでしょう。

 

ここでは、身近なもので50cmを測る方法をいくつか紹介していきます。

 

50cmの長さはどれくらい?

50cmを簡単に知ることができる身近な物をいくつか紹介します。

  • A4用紙の長辺と短辺を合わせた長さ
  • B5用紙を縦に二枚並べた長さ
  • B4用紙を横に一枚並べた高さ
  • 40インチのテレビの縦の長さ
  • 20インチの自転車のタイヤ
  • 1リットルのペットボトルを縦に二本並べた高さ

これらはどれも家庭にある普通のアイテムです。

詳しく見てみましょう。

 

A4用紙の長辺と短辺

A4用紙の長辺は297mm、短辺は210mmです。

これらを合わせると、合計507mmつまり約50.7cmになります。

A4用紙は家庭やオフィスによくあるサイズで、普段見慣れているものですよね。

A4用紙を二枚用意して縦と横で並べてみてください。

 

また、A4の短辺=A5の長辺ですので、A4の紙とA5の紙を縦に2枚並べてもほぼ50センチになりますよ。

 

B5用紙を縦に二枚並べる

B5用紙の長辺は25.7cmです。

これを縦にしてさらにもう一枚並べると、合計で約51.4cmになります。

B5サイズは週刊誌などでよく使われる大きさです。

特に「週刊少年ジャンプ」や「週刊少年マガジン」などの雑誌に使われています。

二冊並べたら約50センチになりますね。

 

B4用紙を使う

B4用紙を使って50cmを測る方法を紹介します。

B4用紙の短辺は25.7cmです。

この用紙を横向きにして2枚並べると、51.4cmになります。

このサイズは新聞の折り込み広告に使われることが多いです。

大学ノート(通常はセミB5サイズ)を開いたときのサイズと似ていますが、実際にはA4サイズよりも少し小さくなります。

セミB5ノートを開くと、一ページが25.2cmなので2ページで50.4cmとなり、50cmに非常に近くなります。

 

このように、B4サイズの用紙は新聞広告やノートなど日常的に見るものに使われているため、サイズ感をイメージしやすいです。

 

40インチのテレビの縦の長さ

40インチのテレビは、画面の対角線が約101.6cmのテレビです。

テレビのサイズはこの対角線の長さで測られます。

高さと幅については、製造するメーカーによって少し違いますが一般的なHDや4Kテレビでの目安は、高さが約49.8cm、幅が約88.6cmです。

 

20インチの自転車のタイヤの直径

1インチ=2.54cmですので20インチで約50.8cmになります。

タイヤの幅によって上下しますが、おおよその数値として参考にはなります。

 

子供用の自転車の大きさですのでお子さんの自転車がある場合は確かめてみてください。

 

1リットルのペットボトル

1リットルのペットボトルの高さを使って50cmを測る方法について説明します。

1リットルのペットボトル1本の高さはおよそ25cmです。

したがって、このペットボトルを2本縦に並べると合計で約50cmになります。

これは、ペットボトルのサイズを利用して簡単に長さを測定できる良い方法です。

 

1リットルのペットボトルは、特に水やお茶でよく見かけます。

ジュースで1リットルのものは少なく、コーヒー製品では900ミリリットルのものが一般的です。

 

まとめ

身近なもので50cmを測る方法を紹介しました。

1リットルのペットボトルやA4の紙などはすぐ使えそうですね。

テキストのコピーはできません。