本ページはプロモーションが含まれています

X(twitter)をバレないように始める簡単な方法!バレる仕組み

X(Twitter)を使ってみたいけど知人や友達にアカウントがバレるのが怖い。

裏垢を作りたいけどバレるのが嫌。

 

様々な理由でX(Twitter)を使いたいけどバレたくないという方は多いのではないでしょうか。

 

実はバレないでX(Twitter)を始めるのは簡単です。

 

ここではX(Twitter)をバレないでアカウントを作って始める方法を紹介します。

まずGメールを新規に作りましょう。

 

X(Twitter)を始めてもバレない設定方法

X(Twitter)をバレないで始める方法と設定です。

 

  • 本名で登録しない
  • ユーザー名を無関係の羅列にする
  • 電話番号でアカウント作成をしない
  • 誰も知らないメールアドレスでアカウントを作成する。
  • 非公開にする。
  • 正確な位置情報をオフにする
  • ツイッターにアップロードした連絡先を削除する
  • メールアドレス/電話番号の照合と通知をオフにする
  • 迂闊に身近なところの画像をアップしない

 

順に解説していきます。

本名で登録しない

本名で登録しないのは当然のことです。

本名だとバレるのは当たり前ですよね。

ニックネームもバレる可能性がありますので全く関係ない名前にしましょう。

 

ユーザー名を無関係の羅列にする

ユーザー名とは自分のアカウント名です。

@から始まるアルファベットや記号の列です。

これは自分の好きな文字列に変更できるのですが、デフォルトでランダムな文字列が付与されるのでデフォルトのまま使うのとバレにくいです。

 

もし、自分で把握しやすい文字列に変更する場合は知人に推測されやすい文字列は避けましょう。

 

 

電話番号でアカウント作成をしない

アカウントを作成するときに電話番号を入力させられそうになりますが、代わりにメールアドレスでも登録できますので「メールアドレスで登録」にしましょう。

 

電話番号で登録してしまうと、あなたの電話番号を知ってる人とX(Twitter)内で繋がってしまう可能性があります。

LINEで知り合いかも?って出てくるような感じです。

 

誰も知らないメールアドレスでアカウントを作成する

知人が知ってるメールアドレスですと電話番号で登録したときみたいに、繋がってしまうかもしれません。

誰も知らないメールアドレスで登録しましょう。

 

誰にも教えてないメールアドレスを持ってない場合は新たにメールアドレスを取得しましょう。

Gメールで簡単に新しいメールアドレスをゲットできますよ。

 

私もX(Twitter)のアカウントは何個か持ってますが、全てGメールで新規に取得したメールアドレスでアカウントを作りました。

 

X(Twitter)のアカウントを作った際にも「アカウント連絡先へのアクセスを許可しますか」の画面が表示されると思いますが「許可しない」を選択しておきましょう。

 

アカウントを作れたら次はバレない設定です。

 

非公開にする

これはしてもいいし、しなくてもいいです。

X(Twitter)をただの閲覧用として使う場合は非公開にしてもいいです。

非公開にしなくてもめったにバレません。

 

正確な位置情報をオフにする

X(Twitter)の設定で位置情報をOFFにしましょう。

設定とサポート

設定とプライバシー

プライバシーと安全

位置情報

全項目オフ

X(Twitter)で位置情報を使う必要はありません。

 

 

ツイッターにアップロードした連絡先を削除する

 

設定とサポート

設定とプライバシー

プライバシーと安全

見つけやすさと連絡先

連絡先の項目

すべてオフにする

「すべての連絡先を削除」をタップして、連絡先を削除します。

 

 

 

 

メールアドレス/電話番号の照合と通知をオフにする

 

設定とサポート

設定とプライバシー

プライバシーと安全


メールアドレスの照合と通知を許可する
電話番号の照合と通知を許可する

ともにオフにする

 

迂闊に身近なところの画像をアップしない

特定の人しか行けない場所の風景とか、行ったことのあるお店などの写真は載せないようにしましょう。

画像には様々な情報が含まれています。

軽い気持ちで上げないようにしましょう。

 

X(Twitter)のアカウントはなぜバレる?

LINEやFacebookに限らず、X(Twitter)も「知り合いかもしれないX(Twitter)利用者」や「おすすめユーザー」などの機能を提供しています。

こうした機能により、X(Twitter)に登録した電話番号やメールアドレス、連絡先からアカウントが特定される可能性があります。

 

なぜX(Twitter)が電話番号やメールアドレスを知ってるの?と疑問に思いますよね。

実は、X(Twitter)アカウントの作成時に電話番号やメールアドレスを登録する必要があるのです。

電話番号やメールアドレスの情報はログイン時やパスワードのリセットのときに使います。

つまり、アカウントの乗っ取り対策に必要なのですね。

 

でも、その電話番号やメールアドレスはログイン時など以外にも使われているのです。

 

X(Twitter)は、アカウントを知り合いと結びつけやすくするために、メールアドレスや携帯電話番号を活用して他のアカウントがあなたのアカウントを見つけやすくしています。

つまり、X(Twitter)に登録したメールアドレスや携帯電話番号がアカウントの特定に使用され、それによりアカウントがバレる可能性があるということです。

 

 

X(Twitter)のアカウントがいかにして知人にバレるのかについて説明していきます。

 

仕組みはシンプルです。

知人があなたのメールアドレスや携帯電話番号を連絡先として登録していたとします。

知人の連絡先に登録されているメールアドレスや携帯電話を使用してX(Twitter)のアカウントを作成したら、知人が連絡先をアップロードするとアカウントがバレてしまうのです。

もちろん、あなたが知人のメールアドレスや携帯電話を連絡先に登録している場合も同様にアカウントがバレます。

 

また、市区町村の現在地情報、ツイート内容やフォローしてる人、X(Twitter)内での動きなどで、知人に「おすすめのユーザー」として表示されることがあります。

 

ですので、電話番号や知人に知られてるメールアドレスでの登録をするとバレる可能性があるのです。

同様に自分のスマホにある連絡先はX(Twitter)と連携しないように設定する必要があるのです。

 

私はどのアカウントでも連絡先など個人情報に関するものは全て「拒否」か「OFF」にしています。

ついでに、通知もオフにしています。

知らない人からのいいね!やリプライがあっても通知されないので快適ですよ。

 

まとめ

X(Twitter)をバレないように始める方法を解説しました。

まずGメールを新規に作って、アカウントを作りましょう。

連絡先を削除すればほぼバレる可能性はありません。

テキストのコピーはできません。