本ページはプロモーションが含まれています

体調悪い人にかける言葉!友達を気遣うLINEやメールの例文

大学の友達から体調不良で休むと連絡が届いたらどう返信したらいいのかちょっと困ります。

しんどい友達に体調を気遣う上手い文章を送ろうとして返信が遅れたりします。

 

ここでは、体調が悪い友達や先生へ体調を気遣うメールやLINEの例文、返信の例文と書き方について解説します。

体調不良のメール・LINEの返信を友達に送るときの例文

友達が体調を崩してるという噂を耳にしたり、本人から「体調不良で休んでいる」というメールやLINEが届いたときは、どんなメッセージや返信がふさわしいでしょうか。

 

メールやLINEの返信のポイントと例文を解説します。

 

簡潔なメッセージ

メールを簡潔にする理由は、相手に労力をかけさせないためです。

短いメッセージで十分です。

伝えたいことがあれば、元気になったときに直接話すことを考えましょう。

 

優しく励ます

体調不良のときは心も不安定になりがちです。

優しい言葉で励ましましょう。

「お大事にしてね」「無理せずにゆっくり休んでください」

のような一言を加えておきましょう。

 

返信不要の旨を伝える

相手に「返信不要」と伝えることで、その時点での負担を減らせます。

「返信は気にしないでね」

「ゆっくり休んで、気が向いたらでもいいから連絡してね」

などの一文を添えましょう。

 

最後にいたわる

メッセージの最後はいたわりの言葉で締めくくりましょう。

「お大事にしてくださいね」

「早く良くなることを願っています」

以上のポイントを踏まえて、例文をご紹介します。

○○さんへ

体調はいかがですか?
お大事にしてくださいね。
何か必要なら教えてね。
無理に返信しなくても大丈夫だから、ゆっくり休んでください。

早く元気になることを心から願っています。

××(あなたの名前)

 

このメッセージは、LINEなどでも使えます。

ポイントを意識して、友達に気配りのあるメッセージを送ってみてください。

 

体調不良のメール・LINEの先生への返信の例文と書き方

大学生活では様々な組織や活動に参加します。

ゼミ、研究室、部活、サークル、課外活動など色々あり、目上の人とメールやLINEのやり取りをする機会も多いです。

大学に在籍していると、先生からもメールを受け取ることがあります。

先生から体調不良のメールを受けた場合、どのように返信すべきかでしょうか。

友達とは関係性が異なりますので、心掛けるべきポイントも異なります。

 

心配や気遣いをする

先生は親しみのある友人とは異なる関係性であるといっても、心配りは大切です。

この心配りは良好な関係構築にも寄与します。

先生は多くの学生と関わりますが、心配りのできる学生は先生の印象に残りやすくなります。

フランクなコミュニケーションが進み、より力になってくれることにもなります。

「無理なさらないでください」

「ゆっくり養生なさってください」

などの一文を入れておきましょう。

 

大人の対応を心がける

先生も人間ですので体調が崩れることがあります。

こうした場合こそ大人の対応が求められます。

余計な心配をかけず、先生が安心して休養できるように心がけましょう。

また、先生の体調不良により、自分の活動に影響が出る場合もあるかもしれませんが、冷静かつ理性的な判断を心がけましょう。

「体調の優れない中、ご連絡ありがとうございます」

「私のことは心配しないでください」

など大人の余裕を見せましょう。

 

簡潔に返信する

友人の場合と同様に、簡潔なメッセージを心がけることで先生の負担を軽減できます。

端的な表現が、相手にも自分にも優しいものです。

 

例文:

○○先生、おはようございます。
××です。

体調不良とのこと、お聞きして心配しております。

ご多忙のところご連絡いただき、ありがとうございます。

くれぐれも無理なさらず、ゆっくりとお休みください。

休み明けもよろしくお願いいたします。

××

 

 

入院中の友人にお見舞いメール・LINEを送るときのポイント

友達にお見舞いのメールを送る際のポイントは3つあります。

適切な時間帯に送る

相手がすぐ目にしやすい時間です。

具体的には昼過ぎから夜が適しています。

午前中はまだ寝ていたり検査があったりすることが多いため、昼過ぎから夜にかけてが適切です。

LINEなどは着信音も鳴るでしょうから深夜に送るのはやめましょう。

 

簡潔な文章

簡潔なメッセージを心がけましょう。

友人と直接話せるようになったら、直接会って話すことが一番です。

 

回復を願う内容

無理せず、ゆっくり休んで回復を願う言葉を添えることが重要です。

一言が相手の支えとなります。

 

これらのポイントを踏まえての例文です。

 

○○さん
入院と聞いて、とても心配しています。
体調はいかがですか?

今は無理をせず、ゆっくりと回復に専念してください。
退院したら、また一緒に遊びましょう。

返信は無理せず、気が向いたらで構いません。
お大事になさってください。

××

 

まとめ

体調不良の友人に送るメールやLINEの書き方について解説しました。

簡単でいいので体調を気遣うメッセージを送っておきましょう。

「お大事に」とか「早くよくなってね」などでも十分ですよ。

テキストのコピーはできません。