本ページはプロモーションが含まれています

ほくろを隠すテープはダイソーやセリアの100均で買える?代用品は?

日常生活やメイクの時、ほくろが気になることはありませんか?

クリニックで治療する選択肢もあるけれど、もっと簡単にカバーできたら便利ですよね。

 

実は、ダイソーやセリアのような100円ショップで購入できる「ほくろカバーテープ」があります。

この記事では、その100均で買える「ほくろを隠すテープ」の特徴や使い方、その他の入手方法やほくろを隠す別の方法についても紹介しています。

 

ほくろを隠すテープは100均にある?

「ほくろを隠すテープ」は100円ショップや他のお店で売っているのでしょうか?

ほくろを隠すテープは最近、ダイソーやセリアのような100円ショップでよく見かけるようになりました!

ほくろを隠すアイテムとして「ファンデーションテープ」という商品があります。

このテープは自然な肌色で、ほくろだけでなく傷も隠すことができます。

以前は100円ショップで見つかりにくかったですが、今はダイソーやセリアでファンデーションテープや類似商品が簡単に手に入ります。

 

ダイソーでは「ファンデシート」として売られており、さまざまなサイズがあります。

装着感は自然ですが、関節などの動く部分に使用するとしわができやすいので、使用する際には注意が必要です。

 

100円ショップ以外で購入する場合

ドン・キホーテでも販売されていますが、主に夏場の商品ですので一年中手に入るわけではありません。

確実に購入したい場合は、通販を利用するのがおすすめです。

 

通販なら色の選択肢が多く、自分の肌色に合わせやすいです。

価格は100円ショップより少し高めですが、より自然に見せたい場合には適しています。

 

100均でほくろを隠すテープの代用になるもの

100円ショップで、ほくろをカバーするためのアイテムとしてテープの代わりに使える商品があればいいですよね。

実は、ほくろを隠すテープが見つからない時に便利な代替品としてコンシーラーがおすすめです。

100円ショップでは、ファンデーションシートが常にあるわけではなく、特に人気商品はすぐに売り切れてしまうことがあります。

 

そんな時、ダイソーやセリアなどの100円ショップで見つけることができるコンシーラーが役立ちます。

これらの店舗では、リキッドタイプやペンタイプなどさまざまな形状のコンシーラーが売られています。

ほくろを隠すだけでなく、小さな傷や肌の色むらを修正するのにも使えるため、非常に便利です。

 

ほくろに立体感がある場合、よりカバー力のある固めのコンシーラーが向いています。

肌の色よりも少し暗めの色を選ぶことがカギとなります。

暗めの色でしっかりとカバーした後、自分の肌に合ったフェイスパウダーで全体をなじませると、ほくろが目立たなくなります。

 

ここでの具体的な使い方を紹介します。

  1. 顔全体にファンデーションを均一に塗ります。
  2. ほくろがある部分に一般的な肌色よりもワントーン暗いコンシーラーを塗ります。ほくろが自然に肌に溶け込むように隠れます。
  3. 最後に、フェイスパウダーを軽く塗ってコンシーラーを固定し、全体的に自然な肌の仕上がりにします。

 

ファンデーションの種類によっては、コンシーラーの塗る順序が異なることがあるので注意が必要です。

 

スカートのウエストがブカブカなときに詰めるグッズが100均にあります。

どんなグッズが使えるのかについてはこちらの記事に詳しくまとめてあります。

こちらもチェックしてみてください。
↓↓
スカートやワンピースのウエスト詰めるには100均グッズが便利

 

まとめ

ほくろを隠すための「ファンデーションテープ」について詳しく解説しました。

 

ダイソーやセリアのような100円ショップでもファンデーションテープが購入できます。

コンシーラーを使う際は、少し暗めの色を選ぶことが大切です。

100円ショップのファンデーションやコンシーラーも有効に活用できます。

 

さらに、自然な見た目を求めるなら、コンシーラーの正しい使い方を学ぶこともおすすめです。

今回紹介したテクニックを実践して、自分に最適な方法を見つけてください。

テキストのコピーはできません。