本ページはプロモーションが含まれています

オートミール30gは大さじで何杯?計量カップやスプーンでの測り方

オートミールを作るとき、一人前は30グラムが基本です。

オートミール30gが大さじ何杯分かあまり知られていません。

実は、オートミール30グラムは大さじ5杯です。

 

この記事では、大さじ、計量カップ、カレースプーンを使ってオートミール30グラムを測る方法や、オートミールの栄養について解説しています。

 

オートミール30gは大さじ何杯?

オートミールを正確に計量する方法について説明します。

オートミール30グラムを測定する際、計量スプーンの大さじを使うと約5杯分が必要です。

 

液体の場合でしたら、計量スプーンの大さじ1杯は15ミリリットルで、これが水だと15グラムに相当します。

つまり水なら15ml=15gです。

しかし、オートミールのような固体の場合、同じ大さじ1杯でも重さが異なります。

具体的には、オートミールでは大さじ1杯が約6グラムです。

つまり、オートミールは15ml=6gなのです。

そのため、30グラムのオートミールを正確に計るには、大さじ5杯が必要になるのです。

 

計量する際は、スプーンを軽く振ってオートミールを均一にすることが大切です。

ただし、この方法でも完全に正確な重さを保証するわけではありません。

特に手作業で計る場合なら多少の誤差が生じることは普通にあります。

この誤差は、日常の料理では大きな問題にはなりません。

オートミールの計量で1グラムの誤差があっても、食事の質に大きな影響を与えることは少ないでしょう。

ですから、細かい誤差を気にせず、大さじで計った分量を目安として使って大丈夫です。

 

砂糖の30gが大さじ何杯か、他の調味料では何杯なのかについてはこちらの記事に詳しくまとめてあります。

こちらもチェックしてみてください。
↓↓
砂糖30グラムって大さじ何杯?食材によって全然違う

 

オートミール30gは計量カップやスプーンでは?

オートミール30グラムを計量カップで測る方法です。

スプーンや小さな計量器を何度も使うのが面倒な場合、計量カップがとても便利です。

オートミール30グラムを計量カップで測ると、約75ミリリットルになります。

この量を測る際には、計量カップの70ミリリットルの目盛りと80ミリリットルの目盛りの中間を目指してください。

小さな誤差はあるものの、この範囲内で測ることで十分実用的な精度を得ることができます。

 

さらに簡単な方法として、カレースプーンを使用する手もあります。

カレースプーン1杯でオートミールは約7グラムとなるため、4杯と少しで30グラムを測定することが可能です。

カレースプーンは通常の食事で使うものなので、特別な計量器がなくても手軽に測量できるという利点があります。

 

紹介した測定方法は日常的な料理では十分な精度になります。

計量カップやカレースプーンは、オートミールをはじめとする干し物や粉類の測定に役立つため、料理をする際にはこれらの道具を活用していきましょう。

特に精密な計量が求められる状況でなければ、これらの方法で問題なく対応できるでしょう。

 

オートミールとは?カロリーは?

オートミールのカロリーや糖質について解説します。

オートミールは燕麦(えんばく)というイネ科の植物から作られる全粒穀物です。

英語では「Oat」と呼ばれ、「オーツ麦」とも言われます。

加工方法によって、市場に出回っているオートミールは大きく3つのタイプに分類されます。

ロールドオーツ

燕麦を蒸してから圧延することで作られ、食感がしっかりしています。

クイックオーツ

ロールドオーツを細かく砕いたもので、調理が速く済みます。

インスタントオーツ

粉砕して加熱乾燥させたオートミールで、準備が最も速く、味付けされた商品もあります。

 

それぞれのタイプは、食感や調理時間が異なるため用途に合わせて選ぶと良いでしょう。

 

オートミール100グラムあたりのカロリーは約350キロカロリー、30グラム(一食分)ですと約105キロカロリーです。

 

まとめ

オートミール30gが大さじでは5杯ということでした。

水より軽いので思ったより量は多くなりますね。

テキストのコピーはできません。