本ページはプロモーションが含まれています

タンブラーを食洗機で洗うのがダメなのはなぜ?

タンブラーって食洗機で洗うのはダメって聞いたことはありませんか?

 

ひきでものでもらうことの多いタンブラーは私も愛用しています。

 

実はタンブラーでも食洗機で洗っていいものとダメなものがあるのです。

 

ここではタンブラーを食洗機で洗うのがなぜダメなのか、食洗機で洗っても大丈夫なものも違いについて解説します。

 

簡単に結論を言いますと、プラスチック製のタンブラーは食洗機で洗えません。

 

 

 

食洗機でタンブラーを洗うのはなぜダメか

私はホットコーヒーをタンブラーに入れ、その温かさを楽しみながら飲むことが好きです。

一般的なタンブラーは通常、90度までの熱さに耐えることができますので、食洗機の温度にも耐えることができるのではないかと思うかもしれません。

実際、食洗機は80度までしか上がらないため、耐熱性の面ではタンブラーは問題なさそうです。

 

しかし、タンブラーは熱ではなくて食洗機の水圧との相性が良くないのです。

タンブラーは食洗機の水圧に耐えられず劣化してしまうからです。

 

劣化すると、タンブラーの保温性が低下したり傷がついたりしてしまいます。

 

食洗機非対応のタンブラーは、見かけによらずデリケートなのです。

 

食洗機が途中で停止した時に見かけたことがあるかもしれませんが、内部では水がものすごい勢いでお皿に噴射されています。

子供用のプラスチック製お皿も食洗機対応できますが、水圧によってひっくり返ってしまうことがあります。

この噴射がタンブラーを傷つける可能性があるのです。

 

タンブラーが壊れていまう可能性があるので食洗機は使わないのが得策です。

 

汚れが気になるときは、タンブラーに水を入れキッチンハイターや漂白剤を使用して手洗いすれば綺麗になりますよ。

 

タンブラーを食洗機で洗えるものと洗えないもの

食洗機を使用して大丈夫なタンブラーとダメなタンブラーの違いについて解説します。

私はプラスチックのタンブラーを使用していますが、現在ではステンレス製のタンブラーが店頭でよく見受けられますね。

ステンレス製のタンブラーといっても全てが食洗器対応とは限らないため、購入時には注意が必要です。

メーカーごとのステンレスタンブラーが食洗器対応かの表です。

メーカー商品名食洗器対応
サーモス真空断熱タンブラー340mlステンレスJDE-340 S
サーモス真空断熱タンブラー420mlステンレスJDE-420 S
サーモス真空断熱タンブラー600mlステンレスJDE-600 S
ニトリステンレスタンブラー(PROST 430ml)×
アイリスオーヤママグボトルシルバー360mlステンレスタンブラーSTL-360×
山勝美濃陶苑フローズンキューブ 二重タンブラー&キューブ2PAM-KM006×
ドウシシャタンブラーふた付き コンビニマグ
ダイレクトタイ真空断熱直接ドリップ0.36L
×
ブルーノ真空タンブラー 450mL バイカラー BHK273×

 

Amazonで人気のあるステンレス製タンブラーですが、サーモス以外のメーカーでは食洗機対応をしていないことが分かります。

食洗機対応のタンブラーが欲しい場合はサーモスの製品から優先的に選ぶのをおすすめします。

Amazonの「JDE-340 S」販売ページを見ても「食洗器対応」と書かれてますね。
↓↓

 

タンブラーを買う際は説明書に「食洗機対応」と記載されているかどうかを確認してみるのも良いでしょう。

まとめ

なぜタンブラーを食洗機で洗ってはダメなのか紹介しました。

製品の材質によることが一つありましたね。

プラスチック製のものはダメです。

 

ステンレス製でもメーカーによっては食洗機で洗えませんので購入の際は事前によくチェックしておきましょう。

 

 

テキストのコピーはできません。