ラピスラズリの誕生石って9月と12月どっち?

ラピスラズリは12月の誕生石というイメージがあります。

ですが時々9月の誕生石だという人もいます。

一体どちらが正しいのでしょうか。

 

実は9月も12月もラピスラズリが誕生石です。

と言っても日本では12月が一般的です。

日本ではと言いましたが実は誕生石は国によって全然違うのです。

 

誕生石が国によって違うってどういうこと?と思いますよね。

ここでは12月の誕生石や国によって違う理由など解説していきます。

 

日本では12月の誕生石はラピスラズリが優勢

12月の誕生石はラピスラズリと答える人が多いように日本では12月が一般的です。

 

そもそもなぜ国ごとに誕生石が違うのでしょうか。

それは誕生石それぞれの国の宝石組合が決めてるからです。

 

つまり業者の都合で決められたものだということですね。

 

日本でよく知られている誕生石は実はアメリカから入ってきたものなのです。

いわばアメリカ版誕生石ってことですね。

12月の誕生石がラピスラズリになってるのはアメリカの影響です。

9月の誕生石はサファイアになります。

 

国によって違うと言いましたが、ジュエリーショップによって違うこともあります。

店ごとに違うともう何でもアリな気もしますね。

 

こう聞くと誕生石って全く神秘的でも何でもないですね…。

商売ありきの決め事のようです。

 

ラピスラズリの誕生石としての意味は

ラピスラズリの誕生石としての意味は成長、向上、発展です。

上向きな意味の言葉が並んでますね。

ポジティブな印象を与えてくれます。

 

石言葉というのもあります。

石言葉は成功の保証、真実、健康、幸運です。

 

ラピスラズリには幸運や自由を与えてくれるという効果もあります。

先ほど言ったように向上、発展という意味がありますので人間の成長に寄与してくれます。

また、ラピスラズリには憎しみや妬み怒りなどのようなマイナスな感情を浄化するという効果もあります。

 

持ってるだけでポジティブに生きていけそうですね。

 

ラピスラズリという名前の由来はラテン語の「lapis」とペルシャ語の「lazward」です。

「青い石」という意味になります。

そのままですね笑

 

ちなみにラピスラズリは日本語では「瑠璃」といいます。

女の子の名前でよく見ますよね。

ただ、俳句では「瑠璃」は6月の季語なんですよね~。

12月の誕生石に指定されてますが、日本では6月のものという認識だったのですね。

こういう国によって石に対するイメージが違うのも面白いですね。

 

12月の誕生石にはターコイズやタンザナイトもある

12月の誕生石にはラピスラズリの他にターコイズ、タンザナイトもあります。

 

ターコイズは水色の宝石ででトルコ石とも呼ばれます。

12月の誕生石としてトルコ石が紹介されてる書物などもよく見かけますよね。

ターコイズの石言葉は成功や繁栄、健康な体、旅の安全などです。

 

もう一つの12月の誕生石タンザナイトはタンザニアでしか取れない非常に珍しい宝石です。

タンザナイトの石言葉は誇り高い、高貴、知性、冷静、希望などです。

 

まとめ

 

ラピスラズリは9月と12月の誕生石だというお話をしてきました。

日本では一般的に12月の誕生石と考えられています。

9月は日本ではサファイアのイメージが大きいので9月の誕生石にラピスラズリと答える人はあまりいないと思います。

9月の誕生日の人にはサファイアを送っておきましょう。