本ページはプロモーションが含まれています

琥珀糖はまずい?美味しくないという人の理由

琥珀糖は食べる宝石とも称され、古くから続く日本の伝統的な和菓子です。

キラキラと可愛らしい外観でSNS映えする琥珀糖ですが、実際に食べてみるとまずいとの意見もあります。

 

ここでは、琥珀糖がまずいとされる理由や、美味しく味付けする方法についてご紹介します。

 

 

琥珀糖とは

琥珀糖は、粉寒天、水、およびグラニュー糖を使用して作られる和菓子です。

 

外側はシャキシャキとした食感がありながらも、内部は柔らかく不思議な口当たりが特徴の一つです。

 

琥珀糖の歴史は古く、江戸時代にまで遡ります。

江戸時代には、「金玉糖(きんぎょくとう)」として知られていました。

「琥珀糖」と呼ばれるようになったのは最近のことです。

 

当時、砂糖は非常に貴重なものであり、砂糖をたっぷり使用した金玉糖は贅沢品でした。

現代では砂糖が手軽に入手可能になり、自宅で琥珀糖を作ることも珍しくありません。

キラキラと輝き涼しげな印象を与える琥珀糖は、夏に人気のあるお菓子の一つとなっています。

 

琥珀糖がまずいと言われる理由

見た目がキラキラしてる琥珀糖でも、食べてみるとまずいと感じる人がいます。

 

まずいと言う人の意見をまとめました。

 

ただ甘いだけ

琥珀糖の主成分は砂糖ですから非常に甘いです。

味は金平糖と呼ばれることもあり、実際にはお砂糖のかたまりといえるでしょう。

 

甘党の方にとっては琥珀糖の味が好みであることが多いですが、甘さが苦手な人にとっては琥珀糖があまりにも甘すぎてまずく感じることもあります。

私自身は甘いものが大好きなので、琥珀糖は好みの味ですが、中には一口で十分だと感じる人もいます。

 

食感が好きでない

琥珀糖は外側がシャリシャリとし、中はゼリーのようにプルプルしています。

砂糖が乾燥して結晶化しているため、外側がシャリシャリしているのです。

 

ただし、中は乾燥せずにゼラチンの効果でプルプルの食感を保っています。

この食感の違いが琥珀糖の魅力とされる一方で、不評の理由の1つともなっています。

砂糖のシャリシャリ感は歯に刺激を与え不快に感じられることがあります。

 

見た目が食べ物らしくない

キラキラと輝き宝石のように見える琥珀糖には、見てるだけで満足する人もいます。

しかし、実際に口に運ぼうという気にならないという意見もあります。

食べてみると、固いのか柔らかいのかよく分からない食感でなずいと感じるという声も聞かれます。

 

 

琥珀糖の味に否定的な意見もありますが、中には琥珀糖を咀嚼する音が楽しいと感じる意見もあります。

シャリシャリ、サクサク、カリカリといった軽快な音は聞いていて癖になる気持ちも分かりますよね。

 

琥珀糖は粉寒天、水、グラニュー糖を溶かして作り、固まった後も数日間乾燥させて作るものです。

この乾燥させることで表面がカチカチになり、面白い咀嚼音が楽しめるのです。

 

 

簡単な琥珀糖の作り方

砂糖
350g

200g
粉寒天
5g
好きなジュース
小さじ1杯

  1. 水に寒天を溶かして沸かす。
  2. 砂糖を入れて糸が引くぐらいまで煮詰める。
  3. 煮詰めたものに好きなジュースを小さじ1杯入れて型に流す。
  4. 常温で固まるぐらいになったら好きな大きさにカット。
  5. 風通しの良いところで乾燥させる。

 

まとめ

実際に琥珀糖を食べてみるとすごく美味しいです。

琥珀糖は見た目がキラキラしてるのとのギャップで甘すぎることもまずいと言われる理由の一つですね。

自身で作る機会があればアレンジをして色んな味付けを楽しめたらいいですね。

 

テキストのコピーはできません。