本ページはプロモーションが含まれています

戸田橋花火大会2024年の屋台・穴場スポットとアクセス・有料席・駐車場や交通規制・混雑回避ポイント

埼玉の夏を彩る一大イベント「戸田橋花火大会」が、2024年も華やかに開催されます。

戸田橋花火大会は、荒川を挟んで東京都板橋区側で同時に開催される「いたばし花火大会」とともに、多くの観覧者を魅了しています。

ここでは、戸田橋花火大会の新たな見どころや楽しみ方を紹介しつつ、屋台情報、穴場スポット、アクセス方法、有料席、駐車場、交通規制、混雑回避のポイントなどを詳しくお伝えします。

 

戸田橋花火大会2024の穴場スポット

戸田競艇場の河川敷

戸田公園の隣に位置する戸田ボートレース場の河川敷。

駐車場が無料開放されるため、家族連れで車内からゆったりと花火を楽しむことができます。

浮間公園

打ち上げ場所から少し離れていますが、混雑を避けて静かに花火を楽しめます。

公園内にはトイレもあり、小さな子供連れにも安心のスポットです。

 

北赤羽駅付近の土手

会場からは距離がありますが、混雑を避けて落ち着いて観賞できます。

少し出遅れても場所取りには間に合います。

駅からも近く、帰りの交通もスムーズです。

 

戸田公園駅前

駅前から花火を観賞でき、帰りの電車にも便利です。

駅周辺の商業施設で食事を楽しみながら観賞するのもおすすめです。

紅梅公園

高島平の坂の上に位置し、花火が良く見えるスポットです。

比較的静かで落ち着いた雰囲気で観賞できます。

内谷橋公園周辺

屋台もあり、食事を楽しみながらゆったりと花火を鑑賞できるスポットです。

特に家族連れに人気です。

 

戸田橋花火大会はいたばし花火大会と同時開催です。

板橋側の穴場スポットで見るのも一つの方法です。

いたばし花火大会の穴場情報や屋台などについてはこちらの記事に詳しくまとめてあります。

こちらもチェックしてみてください。
↓↓
板橋区いたばし花火大会2024年はいつ?屋台・穴場スポットとアクセス・有料席・駐車場や交通規制

戸田橋花火大会2024の屋台は?

屋台は花火大会の楽しみの一つですよね。

屋台は、打ち上げ会場である荒川戸田橋上流の河川敷に出店します。

2023年は、安全性の確保や混雑緩和のため、屋台の出店は有料エリア内のみに限られていました。

無料エリアの方は、有料エリア内の屋台を利用することができませんでした。

2024年も同様の対応が取られる可能性があるため、最新情報を確認することが重要です。

 

屋台は夕方の16:00頃からオープンし、花火が終わる頃まで営業しています。

早めに行って屋台巡りを楽しむのも良いですね。

 

屋台は人気があり、混雑することが多いです。

少し早めに行って、混雑する前に色々な屋台を楽しむのがおすすめです。

また、人気のメニューは早めに売り切れることもあるので、気になるものがあれば早めにチェックしてみてください。

 

戸田橋花火大会2024の駐車場は?

残念ながら、戸田橋花火大会の専用駐車場は用意されていません。

会場周辺には公設の駐車場が少ないため、公共交通機関の利用が強く推奨されています。

周辺の駐車場情報

近隣の駐車場を利用する場合は、早めの到着が必要です。

いくつかの駐車場を紹介しますが、いずれも数に限りがあるため、満車になる可能性が高いです。

タイムズ戸田公園前

  • 営業時間:24時間
  • 料金:1時間200円、18:00~9:00は最大400円
  • 収容台数:19台

赤塚公園駐車場

  • 営業時間:24時間
  • 料金:最初の1時間300円、その後20分ごとに100円
  • 収容台数:28台

 

戸田橋花火大会の会場周辺には専用駐車場がなく、公共交通機関の利用が推奨されています。

 

戸田橋花火大会2024の交通規制は?

戸田橋花火大会では、交通規制が実施されます。

交通規制の時間

交通規制は、花火大会当日の17:00から21:30頃まで行われます。

この時間帯は、車両や自転車の通行が制限されるので、注意が必要です。

交通規制の範囲

主な規制エリアは以下の通りです。

  • 荒川土手下の国道17号から戸田競艇場(笹目川)までの道路
  • 戸田ボートコース周辺
  • 戸田中通りの大前橋~国道17号の間
  • 戸田中通りから南側
  • 戸田公園駅と国道17号、市役所通り周辺

これらのエリアでは、車や自転車の通行が禁止されるため、徒歩での移動が必要になります。

路上駐車も当然禁止です。

 

公共交通機関の変更

交通規制に伴い、コミュニティバス「toco」やその他の路線バスは、ルートや時刻表が変更されます。

バスを利用する予定の方は、事前に最新の運行情報を確認しておくと安心です。

混雑回避のポイント

  • 早めの移動:交通規制が始まる前に現地に到着することで、混雑を避けることができます。
  • 公共交通機関の利用:JR戸田公園駅から徒歩で会場に向かうのが便利です。駅から会場までは案内板や誘導員が配置されているので迷うことはありません。
  • 帰りの計画:花火が終わると一斉に帰る人が多いため、帰りの混雑を避けたい場合は、少し時間をずらすか、花火が終わる前に移動を開始するのも一つの方法です。

 

 

戸田橋花火大会2024のアクセスは?

戸田橋花火大会に行くためのアクセス方法を紹介します。

最寄り駅

最寄り駅はJR埼京線の戸田公園駅です。

駅から会場までは徒歩で約20分から40分ほどかかります。

人が多いと思ったよりも時間がかかりますので、その点も考慮しておきましょう。

会場までの道は案内板や誘導員が配置されているので、初めて訪れる方でも安心して歩けます。

 

車でのアクセス

車での来場はおすすめしません。

専用駐車場がなく、周辺の駐車場もすぐに満車になります。

さらに、交通規制も実施されるため公共交通機関の利用が強く推奨されます。

 

戸田橋花火大会2024の日程詳細

2024年の戸田橋花火大会は、荒川放水路通水100周年を記念して、例年よりも大規模に開催されます。

大会史上初めて、同時開催される「いたばし花火大会」とシンクロした花火演出が行われ、両岸合わせて約1万5000発の花火が打ち上げられます。

項目詳細
開催日2024年8月3日(土)
開催時間19:00 ~ 20:30
打ち上げ数約15,000発(両岸合計)
予想来場者数約45万人
荒天の場合
中止(順延なし)
会場荒川戸田橋上流 戸田市側河川敷
住所埼玉県戸田市 国道17号戸田橋上流
アクセスJR戸田公園駅から徒歩20分
問い合わせ先戸田橋花火大会実行委員会事務局 電話:048-431-0206
公式ホームページ
https://www.todabashi-hanabi.jp/
駐車場専用駐車場なし
交通規制17:00 ~ 21:30頃(車両・自転車通行禁止)
有料席東側と西側に二つの有料エリア、各エリアで異なる演出

伝統的な打ち上げ花火から、音楽と完全にシンクロする世界最先端の花火まで、クリエイティブな演出が楽しめます。

また、有料席は東側と西側に分かれており、それぞれ異なる趣の演出が施されます。

 

戸田橋花火大会2024の有料観覧席情報

2024年の戸田橋花火大会では、有料観覧席が設けられ、打ち上げ場所を挟んで東エリアと西エリアに分かれています。

それぞれ異なる趣の花火演出が楽しめます。

以下の情報は2023年の情報を基に作成しています。

2024年の情報は詳細が判明次第更新します。

項目詳細
販売開始日(市内先行販売)2024年6月
販売方法(市内先行販売)市内商店にて販売(紙チケット)
販売開始日(一般販売)2024年6月 ※なくなり次第終了
販売方法(一般販売)インターネット(イープラス)
席種(昨年の例)東エリア:芸術文化花火、西エリア:エンタメ花火
有料席の口コミ快適、場所取りの労力が不要で最高との声が多い
当日券昨年は当日券の販売がありました
無料席昨年は設営なし、今年の情報は未定

 

当日券あり

2023年の開催では当日券が発売されました。

当日の14時から

  • 東側自由席:2,000円
  • 西側自由席:1,000円

発売場所

  • 戸田公園前行政センター
  • 川岸3丁目遊園地
  • ボートレース戸田(西側自由席のみ)

 

有料観覧席の詳細情報(2023)は、以下の通りです。

席種ブロック価格(税込)詳細
東S席Aブロック¥7,000幅80cm×奥行1mの1名席
東S席Bブロック¥5,500幅80cm×奥行1mの1名席
東S席Cブロック¥4,500幅80cm×奥行1mの1名席
東SS席Bブロック¥6,000幅1m×奥行1mの1名席
東SS席Cブロック¥5,000幅1m×奥行1mの1名席
東4名シートBブロック¥24,000幅2m×奥行2mの4名定員
東4名シートCブロック¥20,000幅2m×奥行2mの4名定員
東ガーデンチェア2名¥16,0002名定員
東ガーデンチェア4名¥32,0004名定員
東ペアいす席2名¥12,0002名定員
カメラマン席¥10,000幅2m×奥行1.5m

 

戸田橋花火大会の有料観覧席は快適で、場所取りの労力が不要です。

チケットは早めに購入することをおすすめします。

詳細情報は公式サイトや販売サイトで確認してください。

 

まとめ

戸田橋花火大会の屋台情報、穴場スポット、アクセス方法、駐車場、交通規制などをまとめました。

駐車場はありませんので、車で行くのはおすすめしません。

板橋花火大会と同時開催ですので板橋側で見ることもできます。

 

テキストのコピーはできません。