本ページはプロモーションが含まれています

猫が近くに来るけど触ると逃げるのはなぜ?簡単な理由と好かれる方法

野良猫でも友達の猫でも、近くによって来るけど触ろうとすると逃げていってしまいますよね。

慣れてないと寂しくなりますけど、猫はそういうものです。

 

ここでは、猫が近づいては来るのに触ろうとすると逃げる理由や、自分から寄ってきたのに逃げたりする理由、好かれる方法などについてまとめました。

 

簡単に理由を言いますと、猫は基本的に触られるのが嫌なのです。

 

猫が近くに寄ってきても触ると逃げる理由

猫が近づいてきてもすぐに逃げてしまう現象は、いくつかの理由から発生することがあります。

 

強い匂いが原因で避けられる

猫は非常に敏感な嗅覚を持っており、香水やタバコ、アロマなど人間が好む香りでも不快と感じることがあります。

特に柑橘系の香りは猫にとって有害である可能性があります。

これらの強い匂いがすると、猫はストレスを感じやすく飼い主のそばにいるのを避けるようになることがあります。

そのため、香水をつけたりタバコを吸った後は猫との距離を置くことが推奨されます。

 

特にみかんの匂いなどはあからさまに嫌な顔をしますよ。

 

猫が触れて欲しいタイミングがある

猫は自分の気持ちをさりげないサインで示すことがあります。

例えば、喉を鳴らしながら近くに座る、お腹を見せるなどは撫でてほしいというサインです。

このような時は、猫が快適と感じる方法で撫でてあげることが重要です。

顔の周りや背中を軽くなでることを好む猫が多いですが、足やしっぽ、お尻周辺は避けるべきです。

特に顎から首にかけては気持ちよさそうにしますよ。

 

また、撫でている最中にもし猫が逃げた場合は、追いかけずに猫が再び近づくのを待つのが最善です。

 

猫がまだ慣れていない可能性

新しい環境や飼い主に慣れるまで、猫には時間が必要です。

特に保護猫の場合、以前の経験から強い警戒心を持っていることが多く、人懐こくなるまでには根気が必要です。

飼い主が猫に近づく際は、猫が感じる可能性のある圧迫感を最小限に抑え、猫のテリトリーを尊重することが大切です。

猫が自分から甘えてくるまで、ゆっくりと時間をかけて関係を築いていくことが推奨されます。

 

これらのポイントを理解し猫との関係を築く際に考慮すると、猫が逃げる頻度を減らしより良い関係を構築することができるでしょう。

 

猫が自分から呼んだのに逃げる理由

猫が鳴いて呼ぶのに逃げる行動は、いくつかの理由が考えられます。

猫の鳴き声には様々な意味があり、それによって猫の行動も変わります。

食べ物や水の催促

猫が鳴きながら食べる場所へと導く場合、それは食べ物や水やおやつを欲しているサインかもしれません。

お腹が空いている時に撫でようとすると、猫はそれを嫌がり逃げてしまうことがあります。

ですから、先に食べ物を与えて猫が落ち着いてから優しく触れてみると良いでしょう。

また、猫が食事中や毛づくろいをしている時は触らないように注意が必要です。

 

遊びの誘い

猫が逃げるのは、遊びを求めている場合もあります。

猫は飼い主を大きな遊び相手と見なして、「追いかけてほしい」と思っていることがあります。

猫が遊びに誘うような行動を取ったら、積極的に遊んで信頼関係を築くと良いでしょう。

猫は基本的に遊んでくれる人が好きです。

近寄ってきた際、こちらが相手をしようとしたときに逃げ出すのは鬼ごっこをしてほしいときが多いです。

 

急に逃げる場合

もし猫が急に逃げるようになった場合は、新しい遊びの要求かもしれませんし、何か嫌な匂いが原因かもしれません。

自分に香りの変化がないか確認し、それでも理由がわからない場合は、遊びをしてみると良いかもしれません。

 

猫の行動は時に複雑で理解しにくいものですが、これらの点を考慮に入れると、猫とのコミュニケーションがスムーズになるでしょう。

 

猫の体調が悪い時

体調が悪い時、猫は自分が安心できる場所でじっとしていることが多いです。

特に具合が悪いときは押入れの奥のような暗くて狭いところにこもりがちです。

 

このような時、猫が特定の場所で動かなくなるなどの行動を見せたら、体調が悪いサインかもしれません。

異常を感じたら、獣医師の診察を受けることをお勧めします。

 

体調が悪いときは、呼びに来たりせずに人目に触れない場所に行きます。

 

猫に逃げられてイラっとしたらどうしたらいい?

猫に触ろうとしたときに逃げられると、ただ悲しむだけでなく、時には腹立たしいと感じることもあるでしょう。

しかし、猫との関係では忍耐が非常に重要です。

猫は基本的にわがままなのです。

猫が自ら寄ってくるまで待つことが、彼らとの良好な関係を築く鍵となります。

 

猫は人間と同様に気分があり、日によって触れ合いたい時とそうでない時があります。

したがって、飼い主としては、猫のペースを尊重し必要なお世話(食事の提供やトイレの清掃など)を怠らないことが基本です。

これらの基本的な世話をきちんと行うことで、猫も安心感を持ってあなたとの生活に適応していきます。

 

猫が甘えてくるタイミングは大切なチャンスです。

このタイミングを見逃さないように、猫が甘えてくるときはその気持ちに応えてあげることが大切です。

猫がゴロゴロと喉を鳴らして近づいてきたり、お腹を見せたりするのは親密なスキンシップを求めているサインです。こ

のようなときに優しく撫でたり、話しかけたりすることで、猫との絆を深めることができます。

 

また、猫との日常的なコミュニケーションでは、声のトーンにも注意が必要です。

大きな声や急激な動きは猫を驚かせてしまうため、常に落ち着いた優しい声で話しかけることを心掛けましょう。

猫は静かで穏やかな環境を好むため、飼い主が落ち着いて接することで、猫もリラックスして飼い主のそばにいることを心地良く感じるようになります。

 

このように、猫の性格や気分を理解し適切に対応することで、猫との信頼関係を築いていくことが可能です。

時間をかけてゆっくりと猫に慣れさせ、猫からの信頼を得ることが、共に快適な時間を過ごすための鍵となります。

 

まとめ

猫が自分から呼んだのに逃げる理由を解説しました。

猫は基本的に触られるのが嫌なのです。

心を許した人にしか触らせません。

 

また、猫は自分を放置してくれて、遊びたいときに遊んでくれる人が好きな動物です。

 

テキストのコピーはできません。