本ページはプロモーションが含まれています

回覧板入れを100均アイテムで代用して入らない問題を解決

回覧板をご近所に持って行ってもポストに入りきらなくて置き場所に困ることがあります。

 

ある家庭では、ポストに半分だけ入れてしまうこともあるそうです。

また、入れるポストが無い場合などは仕方なく地べたに立てかけたりすることもあるようです。

回覧板を受け取る側としては、地べたに置かれたものを家に持ち込むのもなかなか難しいものですね。

回覧板がすっぽり入るポストがあれば問題が解決します。

ここでは、回覧板入れとして使える100円ショップのアイテムとそれを活用する方法をお伝えします。

 

100均に売ってる袋が回覧板入れに使える

回覧板を収納するのに最適な袋は100円ショップでも手に入ります。

回覧板が入るぴったりな袋だと雨対策にもなるし汚れません。

 

最近では可愛らしいデザインや頑丈な素材のものも豊富に販売されています。

その中から使い勝手の良さそうなアイテムや実際に利用されているものご紹介します。

 

ビニールバッグ

ビニールバッグは水の対策はバッチリで、加えて汚れや水分に強い素材が選ばれています。

紙製だとすぐに傷んでしまいますからね。

 

ビニールバッグは耐久性があり、取っ手がついているためドアノブにもかけられます。

 

また、ビニール製のテーブルクロスの余りを使用して手作りする方法もあります。

ポストの下にかけても中身をしっかり保護できるので安心ですね。

 

ファイルボックス

ファイルボックスやファイルスタンドも100円ショップで手に入ります。

サイズはA4が最適です。

ファイルスタンドなら100均で手に入ることもありますね。

 

ファイルスタンドのような簡易なアイテムを玄関に置いて、回覧板収納だと分かるようにしておくと、回覧板も地べたにつかずに安心です。

ネットでも蓋つきのアイテムが販売されているので、そういったものも検討する価値があります。

 

すのこで自作

DIYが趣味の方は100円ショップの木材を使用して手作りするのもおしゃれです。

すのこを巧みに組み合わせたり、木材を組み合わせたりします。

ビンテージ風に仕上げてみたり、カフェ風にデザインしてみたりすることもできます。

 

こうすると、サイズも自分の好みに合わせられ、玄関のインテリアとしても素敵ですね。

見ているだけでウキウキします。

 

その他にも衣装ケースやクーラーボックス、段ボールなども考えられます。

 

なかなか思いつかない発想ですが良いアイデアですね。

 

わざわざ買いに行くのが面倒な方や、どれを選んで手作りすれば良いか分からない方は、ネットでも手に入るアイテムを探してみると良いでしょう。

 

大容量な収納ボックスは、きちんと回覧板入れ・ポストだと分かるようにしておくことが重要です。

 

回覧板を専用ポスト投函にするメリット

専用ポストを設置するにもメリットとデメリットがあります。

それぞれ紹介していきます。

 

メリット

  • 地べたに置かれたり汚れる心配がなく、きちんと収まる。
  • 回覧板以外にも、大きな郵便物の受け入れが可能。
  • 新聞受けにもなる。
  • ポストがあれば、回覧板を回す人も収納場所に悩まない。

大型のポストを用意することで、回覧板だけでなく規格外の郵便物やA4サイズのやや大きな郵便物もスムーズに受け取れます。

一石二鳥でいいですね。

​デメリット

  • 導入には一定の費用がかかる。
  • 一部のアイテムには専用の置き場所が必要で、スペースを取る可能性がある。
  • 通常のポストとは別になるため、回覧板に気づくまでの時間が遅れる可能性がある。

 

通常のポストとは別に専用のポストを設置すると、うっかり確認を忘れるリスクが生じます。

また、回覧板用に専用のポストを作る場合、一定の費用がかかることがあり、また大きなサイズのためにそれなりの置き場所も必要です。

 

DIYで作るとなると、面倒な採寸と製作作業をしなくてはなりません。

DIYが趣味な方はそれも楽しみにできるからいいですが。

 

回覧板入れを選ぶときに重要なのは

  • 汚れや雨に強く、防げること
  • ドアノブなどに掛けて使用可能なこと(袋の場合)

これらがポイントとなります。

まとめ

回覧板入れに使える100均アイテムを紹介しました。

最近では宅配物もメール便としてポストに投函されることがあります。

 

買った商品が折れ曲がったりしないためにも大きめのポストは用意しておくといいかもしれません。

テキストのコピーはできません。