本ページはプロモーションが含まれています

いたみ花火大会2024年の屋台・穴場スポットとアクセス・日程や打ち上げ数や交通規制と混雑回避ポイント

兵庫県伊丹市で毎年8月に開催されるいたみ花火大会は、大阪国際空港(伊丹空港)の夜景と調和し、フィナーレの「黄金しだれ柳の重ね咲き」は圧巻の迫力です。

2024年8月24日(土)に開催され、19:30から20:30までの間、猪名川神津大橋南側河川敷で約3500発の花火が打ち上がります。

昨年の来場者数は約7万人で、今年もそれ以上の人出が予想されています。

 

ここでは、いたみ花火大会の屋台やアクセス、穴場、交通規制、日程、打ち上げ数などについてまとめました。

いたみ花火大会2024の穴場スポット・伊丹空港やイオン

いたみ花火を観覧できる穴場をいくつか紹介します。

神津大橋河川敷

メイン会場近くの河川敷で、花火を間近で見ることができます。

シートを持って1〜2時間前に到着すれば場所取りができ、家族やカップルにもおすすめです。

大阪国際空港の展望デッキ

夜の飛行機と花火を同時に楽しめるスポットです。

ただし、混雑のため入場制限がかかることもあるため19時までの入場を目指すと良いでしょう。

イオンモール伊丹屋上駐車場

打ち上げ場所近くのイオンから花火を観賞できます。

ただし、駐車場は非常に混雑し、花火大会終了後の出庫に時間がかかるので注意が必要です。

伊丹スカイパーク

打ち上げ場所から離れていますが、混雑が少なく子ども連れでも安心して楽しめるスポットです。

駐車場もあり遊具も充実しています。

五月山秀望台

花火と夜景を一緒に楽しめるスポットです。

阪急宝塚線「池田駅」から徒歩20分で行けます。

千里川の土手

伊丹空港の近くにある土手で、飛行機と花火のコラボレーションが楽しめます。

低い位置の花火は見えにくいですが、人混みが少なくゆったりと観賞できます。

猪名川神津大橋南側河川敷

メイン会場で多くの露店が並びます。

ここで花火を観ると、迫力満点の黄金しだれ柳を楽しめます。

 

 

地元民としては、イオンモール伊丹店かイオンモール伊丹昆陽店の屋上がおすすめです。

この場所であれば花火を一望できます。

食事はイオンモール内で堪能できますし、お手洗いに困ることもないのでお勧めできる場所です。

デメリットとしては出店や屋台をを堪能できないというところです。

 

いたみ花火大会2024の日程や詳細

2024年のいたみ花火大会の日程や詳細情報をまとめました。

項目詳細
開催日2024年8月24日(土)
開催時間19:30 ~ 20:30
会場伊丹市猪名川神津大橋南側河川敷
打ち上げ数約3500発
交通規制17:30 ~ 22:00
最寄り駅JR伊丹駅、阪急伊丹駅
アクセスJR伊丹駅から南東へ徒歩10分、阪急伊丹駅から東へ徒歩20分
駐車場なし
ライブ配信YouTube「おうち de いたみ花火大会」
打ち上げ場所猪名川神津大橋南側河川敷
主催者への問い合わせ072-784-8047(いたみ花火大会実行委員会事務局)
予想来場者数約7万人
公式ホームページ伊丹市のページ

 

 

いたみ花火大会2024の屋台は?

いたみ花火大会では、猪名川東側河川敷にたくさんの屋台が並び、毎年多くの人でにぎわいます。

例年60~100軒の屋台が出店し、焼きそば、たこ焼き、かき氷など、夏祭りならではの定番グルメを楽しむことができます。

焼きそばと、タコスが有名でタコスはキッチンカーが来てくれて、出来立てを作るのでおいしいです。

酸味があるタコスで、酸味を抑えたタコスもありました。

 

屋台の営業時間は当日の16:00から22:00まで。

花火大会の前に屋台巡りをして、気になるものを食べるのも楽しみの一つです。

夕方から出店が始まるので、早めに会場に到着して混雑を避けつつ屋台巡りを楽しむのがおすすめです。

 

また、飲み物も屋台で販売されています。

暑い時期ですのでこまめに水分補給を忘れずに。

 

いたみ花火大会2024のアクセスは?

いたみ花火大会は、兵庫県伊丹市で開催されます。

会場となるのは猪名川神津大橋南側の河川敷で、JR伊丹駅と阪急伊丹駅が最寄りの駅です。

駅からのアクセス方法は次のとおりです。

JR伊丹駅からのアクセス

駅を出て、南東方向に歩いて10分ほどで会場に到着します。

駅から会場への道は比較的平坦なので歩きやすいです。

阪急伊丹駅からのアクセス

駅を出て、東へ20分ほど歩くと会場に着きます。

距離が少し長いので、時間に余裕をもっておくと安心です。

 

JR伊丹駅周辺には飲食店やコンビニもあるため、花火大会の前に食べ物や飲み物を買うのにも便利です。

また、帰りの混雑を避けるために、少し早めに会場を後にするのも良い方法です。

 

花火大会の日は交通規制があるため、車でのアクセスは避け、公共交通機関を利用することをお勧めします。

 

いたみ花火大会2024の交通規制は?

いたみ花火大会が行われる日は、会場周辺で交通規制が実施されます。

特に、花火の打ち上げ時間に合わせて道路が封鎖されるため、車でのアクセスには注意が必要です。

 

交通規制の時間は、17:30から22:00まで。

この間、会場周辺の道路は車両通行止めとなります。

規制区域内では、車での移動ができないため公共交通機関を利用して会場に行くのが賢明です。

 

車で会場近くまで行っても駐車できる場所がなく、規制時間が終わるまで出られなくなる可能性もあります。

花火大会の日は車を使わないのがベストです。

電車でのアクセスがスムーズですので、JR伊丹駅や阪急伊丹駅から徒歩で会場に向かいましょう。

 

花火大会が終わった後も、交通規制の影響で周辺は混雑することが予想されます。

 

いたみ花火大会2024の場所取りは?

いたみ花火大会では、会場となる河川敷で場所取りをして花火を楽しむことができます。

良い場所を確保するために、事前に場所取りをする方も多いですがどのくらい早めに行くのがいいでしょうか?

おすすめの場所取りの時間

神津大橋の河川敷は、花火が打ち上がる1〜2時間前には場所取りが始まります。

夕方頃から人が集まり始めるので、良い場所を確保するためには早めに到着するのがおすすめです。

ただし、花火大会当日の朝から場所取りをする地元の方もいるため、時間に余裕をもって行動しましょう。

 

場所取りのポイント

  • レジャーシートや折りたたみ椅子を持っていくと、長時間の待ち時間も快適に過ごせます。
  • 飲み物や軽食を用意しておくと、混雑していても安心です。
  • 日が沈むと気温が下がることもあるので、上着を持参すると快適に過ごせます。

場所取りをする際には、ほかの人の邪魔にならないように配慮し持ち込んだゴミは持ち帰るなど、マナーを守ってください。

 

いたみ花火大会2024の有料席

2024年から有料席が設置されることになりました。

詳細については分かり次第更新します。

 

 

また、昨年と同様に特別観覧席がふるさと納税の返礼品という形で提供されます。

2023年は特別観覧席が64席用意されました。

 

ふるさと納税という性質上、伊丹市民の方は申し込めません。

 

いたみ花火大会2024のトイレ

トイレは、公衆トイレが100機程度仮設されます。

コンビニは残念ながら営業を中止するのでトイレ利用できないです。

 

おむつ交換については、イオンモールにお手洗いでおむつ交換できる場所があります。

小さいお子さん連れなら伊丹イオンモールか、伊丹昆陽のイオンモールがおすすめです。

いたみ花火大会2024のオンラインライブ配信

伊丹市の公式で「おうちdeいたみ花火大会」としてライブ配信されます。

当日は花火の様子をYouTubeで見ることができます。

 

花火大会当日の18時30分頃から河川敷の様子が配信されます。

 

まとめ

いたみ花火大会の穴場や屋台、アクセス、交通規制などについてまとめました。

この花火大会は伊丹市が主催で、猪名川花火大会と違って小規模ながらも伊丹市の企業が主催する出店が出るのがこの花火大会の特徴でもあります。

 

テキストのコピーはできません。