本ページはプロモーションが含まれています

牛モモブロックをローストビーフ以外で食べる方法!お肉を柔らかく

牛肉の中で特にコストパフォーマンスが高いとされる部位に、牛モモのブロック肉があります。

この牛モモブロックは、ローストビーフの材料としてよく知られていますが、それだけではなく様々な料理で楽しむことが可能です。

煮込む、ステーキにする、または衣を付けて揚げるなど多彩な調理法がおすすめです。

 

赤身肉が主で少ない脂肪分により、固いと思われがちですが適切な下処理により驚くほど柔らかい食感を実現することができます。

適切な調理法をマスターすれば、コストを抑えつつ牛肉の美味しさを存分に味わうことができる部位です。

ローストビーフ以外の牛モモ肉の活用法や、肉を柔らかくするためのアドバイスも併せてご紹介します。

 

牛モモブロックをローストビーフ以外で食べる方法

牛モモブロックを使った、ローストビーフ以外の美味しい食べ方についてご紹介します。

牛モモ肉のレシピでは、ローストビーフが主流ですが実はそれ以外にも多くの美味しい食べ方があります。

例えば、牛モモ肉をサイコロ状に切り、ニンニクと塩コショウで味付けすることで香ばしい「サイコロステーキ」を簡単に作ることができます。

 

さらに、薄切りにして焼き野菜を巻いて食べると、ヘルシーでさっぱりした味わいの肉巻きが楽しめます。

ローストビーフが苦手な方や、肉にしっかり火を通したい方にも適した調理法です。

 

牛モモ肉の特徴

牛モモ肉は、牛の後ろ足の太もも部分で頻繁に動かされる筋肉から成ります。

このため、赤身が多く脂肪は少なめです。

高タンパクで、筋トレ愛好者やダイエットを心がけている方に最適な部位です。

 

脂肪分が少ないため、加熱後もさっぱりとした味わいを保ちローストビーフに適していますが、それ以外の調理法も魅力的です。

 

牛モモブロックのローストビーフ以外での食べ方

牛モモブロックを使った料理は、その多様性と美味しさで家庭料理において非常に重宝されます。

ここでは、牛モモ肉を使った煮込み料理、ステーキ、そして串カツの作り方をより詳細に解説します。

 

牛モモ肉の煮込み

牛モモ肉の煮込みは、そのシンプルさから初心者でも挑戦しやすい料理です。

まず、牛モモ肉を一口大にカットし表面に軽く焼き色をつけます。

この工程で肉の旨味を閉じ込めることができます。

 

次に、鍋に水を加え好みの調味料を入れます。

和風の味わいには、みりんと醤油を。

洋風には、コンソメとトマト缶を使用します。

ここに、じゃがいも、人参、玉ねぎなどの野菜を加え肉と一緒に煮込みます。

 

煮込むことで、肉から出る旨味が野菜に染み込み深い味わいの料理に仕上がりますよ。

肉を柔らかくするコツとして、煮込む前に牛モモ肉をお酒に漬け込む方法があります。

肉がしっとりとしてより一層美味しくなりますよ。

 

牛モモブロック肉のステーキ

牛モモブロック肉でステーキを作る際のポイントは、肉の柔らかさを保つことです。

肉を叩いて筋を断ち切り、オニオンドレッシングに30分ほど漬け込むことで肉が柔らかくなります。

このドレッシングには、肉をマリネする効果がありさらに美味しさを引き出します。

漬け込んだ後は、肉を中火で焼き両面に美味しい焼き目をつけます。

この際、肉の厚みを均一にすることで火の通りを均等にし理想的なステーキを仕上げることができます。

 

牛モモブロックの串カツ

牛モモ肉の串カツは、外はサクサク中はジューシーな食感が楽しめる料理です。

まず、牛モモ肉をカットし塩麹に30分ほど漬け込みます。

塩麹の酵素が肉のタンパク質を柔らかくし、しっとりとした食感にします。

漬け込んだ肉を串に刺し、薄力粉、溶き卵、パン粉の順にコーティングします。

これを180度の油で揚げることで、外はカリッと中は柔らかい串カツが完成します。

バッター液を使用する方法もあり、これはより手軽に串カツを楽しむことができます。

 

牛モモブロックを使った料理法は、それぞれ異なる食感と味わいを楽しむことができ牛モモ肉の魅力を存分に引き出します。

是非、これらのレシピを試してみてください。

 

まとめ

牛モモブロックのローストビーフ以外の食べ方を紹介しました。

固くならないようにするのがポイントですね。

テキストのコピーはできません。