本ページはプロモーションが含まれています

ゲシュタルト崩壊しやすい人の特徴とすぐに治まる対処法

同じ文字ばかり見てると「あれこれってこんな字だったっけ?」て感じることがあります。

よく言われるゲシュタルト崩壊ですね。

 

どんな人がゲシュタルト崩壊になりやすいのでしょうか。

ここでは、ゲシュタルト崩壊が起こりやすい人の特徴や対処法について解説します。

 

ゲシュタルト崩壊が起こりやすい人の特徴

ゲシュタルト崩壊は、一般的な現象であり誰にでも発生する可能性があります。

これは病気ではなく、脳により引き起こされるものです。

 

実際には、ゲシュタルト崩壊しやすい人やしにくい人が存在するようですが、その差異ははっきりとは分かってません。

疲労などその人の体調に左右されることもあります。

 

個々の性格に起因するものではなく、職業や普段の行動によって影響を受けやすい人もいます。

例えば、同じ文字に集中して視覚的に捉える作家や、同じフレーズを繰り返して聴く音楽家などです。

 

ゲシュタルト崩壊とは?

ゲシュタルト崩壊は、同じ対象を長時間見つめることで、初めは全体が認識できていたにもかかわらず、時間が経過するとともに、パーツがばらばらに見えてしまう現象を指します。

 

漢字やひらがななどの文字でゲシュタルト崩壊を経験した人も多いと思います。

同じ漢字を何回も繰り返し書いていると「この漢字、どんな形だったっけ?」とりますよね。

特に、複数のパーツで構成された文字が、ゲシュタルト崩壊しやすいようです。

 

ノートに何度も書いてみたり、パソコンやスマートフォンで文字を打って眺めてみるとゲシュタルト崩壊が生じがちです。

 

文字の中にも、ゲシュタルト崩壊が起こりやすいものやそうでないものが存在するようです。

ひらがなや漢字は、文字の中でもゲシュタルト崩壊が起こりやすいとされています。

逆に、ローマ字など直線的な形状を持つシンプルな文字はゲシュタルト崩壊が生じにくいと考えられています。

とは言っても、英単語をずっと見てると漢字と同じように「スペル合ってたっけ?」と不安になることもありますね。

 

ゲシュタルト崩壊が起こる具体的な実例

ゲシュタルト崩壊は、文字以外でもさまざまな状況で発生します。

音楽

同じ音楽を繰り返し聴いていると、「この音楽ってこんなんだったっけ?」と感じることがあります。

これもゲシュタルト崩壊の一例です。

ハモリの音程や楽器の音が乱れ、違和感を感じることがあります。

 

人の顔

特定の人の顔をじっと見つめると、その顔が顔として認識できなくなります。

同様に、鏡に映る自分を長時間見つめることで、自分の顔が分からなくなることもあります。

階段

同じ幅で同じデザインの階段が続くと、自分が上っているのか下っているのか、認識がつかなくなります。

急に足場が分からなくなり、踏み外したり一段飛ばしたりすることがあります。

一種の酔いみたいなものですね。

 

図形

図形や絵でもゲシュタルト崩壊が起こります。

例えば、アスキーアートをでもずっと見つめ続けると、最初は顔として認識できても、だんだん理解が難しくなります。

皮膚感覚

普段はあまり気にならない服の肌触りも、意識すると通常と異なる感覚になり、不快に感じることがあります。

皮膚の感覚もゲシュタルト崩壊が影響すると言われています。

 

ゲシュタルト崩壊は文字以外でも、さまざまな状況で生じる現象なのです。

 

ゲシュタルト崩壊の対処法

もしゲシュタルト崩壊が発生したら手をこまねいてしまいます。

しかし、いくつかの対処法や予防策を講じることで、この現象を軽減できます。

 

休息をとる

ゲシュタルト崩壊は、高い集中力や疲労時により発生しやすいとされています。

一時的な休息をとることで、脳の認識機能がリセットされ、ゲシュタルト崩壊を予防できます。

 

また、深呼吸や短時間の昼寝、好きな音楽の鑑賞など、リラックスすることが役立ちます。

 

視点を変える

視点の変更もゲシュタルト崩壊の解消に効果的です。

同じ言葉や形状を長時間見続けると、それらの意味や形が理解しづらくなることがあります。

その際には、視線を別のものに移す、視線を外す、目を閉じるなどを行うと良いでしょう。

 

認識の対象から意識を逸らす

ゲシュタルト崩壊は、特定の認識に過度に集中することで発生しやすいです。

そのため、意識を一時的に他のことに向けることで、脳の認識機能をリセットできます。

例えば、一つの作業に集中している際にゲシュタルト崩壊を感じたら、別の作業に切り替えたり、散歩に出かけたりしてみましょう。

 

対象との距離をとる

同じ文字や物体を長時間見続けるからゲシュタルト崩壊が引き起こされるのです。

この場合、対象から物理的または心理的に一定の距離を置くことで、認識がリセットされることがあります。

 

例えば、一つの問題にこだわりすぎると視野が狭くなりがちです。

その際は一度離れて全体を俯瞰すると、新たな視点が得られることがあります。

 

ゲシュタルト崩壊が起こったときはこれらの方法を試してみてください。

ゲシュタルト崩壊は、一時的に認識が崩れる現象ですが、適切な対策を講じることでその影響を最小限に抑えることが可能です。

 

まとめ

ゲシュタルト崩壊が起こりやすい人の特徴についてまとめました。

際立った特徴はなく、誰にでも起こる現象でした。

ゲシュタルト崩壊が起こったときは休憩するとかリラックスするなどの対策をして、脳をリセットしましょう。

テキストのコピーはできません。