カレー鍋とフライパンをスポンジなしで洗う方法!使い終わりの麦茶パックを活用!
本ページはプロモーションが含まれています

カレー鍋とフライパンをスポンジなしで洗う方法!使い終わりの麦茶パックを活用!

カレーを食べた後の鍋をきれいにする際、通常は洗剤を水やお湯に混ぜてスポンジでゴシゴシ洗います。

このやり方は手軽で効果的ですが、スポンジにカレーが残ると他の食器を洗う気が失せます。

 

しかし、カレー鍋や焦げ付きフライパンを洗う際には、スポンジを使わずに簡単に洗えるテクニックがあります。

 

今回は、スポンジを使わない洗い方と、使い終わった麦茶パックを利用した簡単な洗い方をご紹介します。

 

スポンジなしでカレー鍋を洗う新しい方法とは?

食器を洗う際、スポンジがベタベタになると不快に感じる方は多いです。

特にカレーがスポンジに付着すると、より一層掃除が面倒になります。

これは確かにイライラすることです。

 

スポンジを使わずに食器を洗う方法をいくつか紹介します。

 

紙パックを活用する

牛乳パックや果汁飲料の紙パックを使い、底部を切り取って、スクレーパー代わりにします。

カレーの残りを紙パックでかき集めて捨てた後、洗剤を使って洗い流し最後にキッチンペーパーで拭き取ります。

 

この方法は、スポンジに汚れが付くことがないので清潔に保ちやすいです。

 

重曹の使用

鍋にお湯を入れ、大さじ2杯の重曹を加えます。

10分間沸騰させた後に火を止め、冷めたらスクレーパーでカレーをこそげ取ります。

 

その後、洗剤を使って洗うと完璧にきれいになります。

 

重曹を使うことで、鍋からカレーをしっかりと取り除くことができます。

その後、キッチンペーパーで拭き取ると、さらに清潔感が増します。

 

これらの方法を試せば、スポンジがベタつく心配なく食器をより清潔に洗うことができます。

ぜひお試しください。

 

フライパンの油の汚れを手間なく落とすコツ!

フライパンで料理をするときは、どうしても油の汚れが気になりますよね。

スポンジで洗うと、その油がスポンジについてしまい他の食器を洗うのも困難になることがあります。

さらに、スポンジ自体もきれいにしなくてはならず手間が増えます。

 

そこで、フライパンの油の汚れを簡単に落とす方法をいくつかご紹介します。

身近なアイテムを利用する方法です。

レジ袋やラップで油を拭き取る

使わなくなったレジ袋やラップを丸めて、フライパンの油を拭き取ります。

レジ袋やラップは油をくっつかせるのに適しているので、大部分の油を簡単に除去できます。

その後、キッチンペーパーでさらに拭いた後、軽く水洗いするとピカピカになります。

この方法は、いつも家にあるもので簡単にできるため非常に便利です。

 

また、代わりに使えるのは古いタオルやTシャツも良いですが、これらは洗濯が必要になるため少し手間がかかります。

 

重曹を使う

油がこびりついた部分に重曹を振りかけ、しばらく置いてから馴染ませます。

重曹は汚れを落とす力が強く、しつこい油汚れにも有効です。

ただし、重曹を多く使いすぎるとフライパンを傷つける可能性があるので、使用量には注意してください。

使用後はキッチンペーパーで拭き取り、水で洗い流すと良いでしょう。

重曹は環境にも優しく、手軽に使えるのでお勧めです。

 

使い捨てスポンジを使用

100円ショップで購入できる安価なスポンジを小さく切って、専用の油落としスポンジとして使います。

使い捨てることで、油で汚れても気にせずにすぐに新しいものに交換できます。

これにより、掃除のストレスが減り常に清潔な状態を保つことができます。

この方法は、簡単で場所を取らないため、とても便利です。

 

使い終わった麦茶パックでキッチンをピカピカに!

通常、麦茶を淹れた後の出がらしは捨てがちですが、捨てる前にちょっと考えてみませんか。

実は、使い終わった麦茶パックにはまだまだ使える価値があります。

 

油汚れに

麦茶パックに含まれる成分が油分を分解する助けとなるので、使い終わったパックでフライパンや鍋をきれいにすることができます。

汚れがついた部分を麦茶パックでこすれば、スッキリと落ちます。

 

キッチン掃除に

麦茶パックでシンクやカウンターを拭くと、軽い汚れが簡単に取れます。

パックの粗い質感が軽い研磨作用をしてくれるため、キッチンを手早く清潔にできます。

 

自然な消臭剤として

麦茶パックを乾燥させてから中の茶葉を取り出し、自然な消臭剤として使用できます。

茶葉をトイレや玄関、靴箱などに置いておくと、気になる匂いを和らげてくれます。

また、生ごみの上に撒くと、嫌な臭いの軽減に役立ちます。

 

まとめ

キッチンでの油汚れや、カレー鍋の後片付けも、簡単な工夫でクリアできます。

出がらしの麦茶パックを活用して、無駄なくエコな家事を心がけましょう。

 

テキストのコピーはできません。