本ページはプロモーションが含まれています

娘さんや息子さんは敬語で呼ぶとどうなる?知っておくべき注意点

他人の子どもさんについて話すとき、どんな敬語を使ったらいいのか迷うことはありませんか?

「娘さん」や「息子さん」という言葉をよく聞きますが、これで正しいのか不安に感じる人も多いです。

特に仕事の場などで上司や先輩に対して使うときは、間違えたくないですよね。

 

今回は、他人の娘さんや息子さんなどの子どもを敬語で呼ぶときは何て呼んだらいいかについて詳しく説明します。

 

他人のお子さんを敬語で呼ぶには・娘と息子

他人の娘や息子を敬語ではどのよう呼ぶべきか、特にビジネスやフォーマルな場面での適切な表現について詳しく説明します。

まず、「娘さん」「息子さん」という呼び方は日常会話ではよく使われますが、ビジネスや公式な場ではもっと礼儀正しい言葉遣いが求められることがあります。

 

他人の娘に対しては、「ご息女(ごそくじょ)」や「ご令嬢(ごれいじょう)」という言葉が非常に丁寧な表現とされています。

これらの言葉は、相手の娘さんを非常に尊重していることを示すために使われます。

特にビジネスの場で上司や重要なクライアントの娘さんに言及する際には、これらの言葉が適しています。

 

一方、もう少しカジュアルな場合でも礼儀を保ちたいときは、「お嬢様」や「お子様」を使うと良いでしょう。

これらの言葉も敬意を表していますが、「ご息女」や「ご令嬢」ほど堅苦しくなく親しみやすさも保てます。

ただし、「娘様」という表現は一般的には使われず、敬語としてもふさわしくないため使わないようにしましょう。

 

次に、他人の息子を敬って呼ぶ場合ですが、「ご子息(ごしそく)」は非常に礼儀正しい表現でビジネスシーンでの使用に適しています。

これは相手の息子さんを高く尊重する表現であり、特に重要な商談や公式な場で使われることが推奨されます。

 

カジュアルな場合でも礼儀を保ちたいときは、「お子様」や「お子さん」を使うことができます。

これらは比較的柔らかい印象を与えるため、緊張感を和らげつつ敬意を表現するのに役立ちます。

しかし、「息子様」という呼び方は同様に敬語としては不適切であり、使うべきではありません。

 

以上のように、状況に応じて適切な敬語を選ぶことが重要です。

相手に対する敬意を適切に示しより良い関係を築くことができます。

 

取引先での先方の役職の方の呼び方についてはこちらの記事に詳しくまとめてあります。
↓↓
取引先の役職の呼び方!自分の上司を社外でどう呼ぶ?

 

ご子息やご息女を使う際の注意点

他人の子どもに対する敬語で「ご子息」「ご息女」「ご令嬢」などを使用する際の注意点について説明します。

自分の子どもには使わない

まず、自分の子どもを指す場合に「ご子息」「ご息女」「ご令嬢」といった表現は適切ではありません。

これらの言葉は、主にビジネスの場や公的なシチュエーションで、他人の子ども特に目上の人の子どもを尊敬して呼ぶ際に用います。

自分の子どもにはより親しみやすい「息子」「娘」や愛情を込めた「せがれ」などの表現がふさわしいです。

 

目上の人の家族であっても敬語を使う

目上の人の家族が自分より年下であっても、「ご子息」「ご息女」「ご令嬢」という敬語を使います。

このような表現は、相手の家族に対する尊敬を示すものであり目上の人に対する礼儀としても非常に重要です。

たとえば、社長の娘さんや息子さんに対しては、これらの言葉を使って適切に敬意を表します。

 

「様」を付けると二重敬語に

「ご子息」「ご息女」「ご令嬢」の後に「様」を付けることは、二重敬語となります。

既に「ご子息」「ご息女」「ご令嬢」には敬意が込められているため、さらに「様」を付けると敬語が重複してしまい不自然で不適切な表現になります。

一般的には、「ご子息」「ご息女」「ご令嬢」だけで十分です。

 

年齢に応じた言葉選び

他人の子どもの年齢に応じた言葉選びも重要です。

比較的若い年齢の子ども、特に大学生以下の場合は「お子様」という表現が適しています。

この言葉はやや幼い印象を与えるため、大学生以上の子どもには「ご子息」「ご息女」「ご令嬢」といった言葉がより適切です。

「お子様」という言葉を使う際は、その軽やかさと親しみやすさを考慮し相手の年齢や立場を尊重することが大切です。

 

手紙での他人の息子や娘の敬語の呼び方

他人の娘や息子を敬う表現について、手紙での呼び方をご紹介します。

手紙の場合、通常の会話と同様に「ご子息」「ご息女」「ご令嬢」といった表現が推奨されます。

ただし、手紙、特にお礼状や公式の文書で上司や目上の人に送る際は、「ご子息様」「ご息女様」という表現を使用しても問題ありません。

 

口頭での会話では「~様」と付けると二重敬語になることがありますが、手紙ではこのように「様」を付けることが許容されています。

この違いを理解しておくと、さまざまな場面で適切に対応することができます。

 

まとめ

他人のお子さんを敬意を持って呼ぶ方法を紹介しました。

クライアントの子供をどう呼ぶか慣れておかないと咄嗟に出てこないものです。

よく理解してご子息、ご息女などの文言が言えるようになっておきましょう。

テキストのコピーはできません。