本ページはプロモーションが含まれています

もやしの加熱はレンジで何分?500wの場合

もやしは家計に優しい食材で、献立にも役立ちます。

うちでは時間を節約し洗い物も減らすために、鍋で茹でる代わりに電子レンジを使用してもやしを加熱しています。

500Wの電子レンジでの加熱時間は次の通りです。

  • 100gで1分30秒
  • 150gで2分20秒
  • 300gで3分

電子レンジを使ったもやしの加熱方法、500Wで何分が目安なのかを紹介します。

 

冷凍ピザを温めたいけど電子レンジしかない場合のやり方についてはこちらの記事に詳しくまとめてあります
↓↓
冷凍ピザに電子レンジしかないときの美味しく温める方法

 

もやしを電子レンジで加熱する方法

もやしを電子レンジで簡単に調理する方法です。

こちらの方法は時短で洗い物も少なく済みます。

必要な材料と道具

  • もやし:お好みの量
  • サランラップ
  • 耐熱皿
  • ボウル
  • 電子レンジ
  • 金属部分がない陶器(耐熱皿がない場合)

調理手順

もやしを洗う

もやしは袋に「洗わずに食べられる」と記載されていることが多いですが、袋内の独特のにおいが苦手な場合は、軽く水で洗い流しましょう。

 

もやしを準備する

洗ったもやしを軽く水切りした後、サランラップできれいに包みます。

このとき、もやしが均等に加熱されるように平らになるようにしましょう。

 

耐熱皿に置く

包んだもやしを耐熱皿に乗せます。

ここで使用する耐熱皿がない場合は、金属部分がない陶器を代用しても大丈夫です。

 

電子レンジで加熱する

電子レンジを500Wに設定し、もやしの量に応じて加熱時間を調整します。

  • 100gの場合は約1分30秒
  • 150gの場合は約2分20秒
  • 300gの場合は約3分

加熱時間は目安ですので、お使いの電子レンジやお好みのもやしの硬さによって調整してください。

 

加熱後の処理

電子レンジから耐熱皿を取り出し、もやしの水分を切ります。

もやしから出た水分を切るためには、ざるに移して上から軽く押し余分な水分を抜くのが一番です。

ざるを洗うのが面倒な場合は、もやしを箸で持ち上げ別のお皿に移しても構いません。

完成

これで簡単に電子レンジで調理したもやしが完成です。

お好みで調味料を加えて、さまざまな料理に活用してください。

 

電子レンジで加熱したもやしの保存方法

電子レンジで加熱したもやしは、さまざまな料理に活用できますし保存も簡単です。

 

たとえば、電子レンジで温めたもやしにポン酢と七味唐辛子をかけると、簡単に美味しくいただけます。

また、サラダやナムルに加えても良いですね。

 

うちでは、日々のサラダにもやしを加えてボリュームを出しています。

 

電子レンジで加熱したもやしは、冷蔵庫で約2日間保存可能です。

もしすぐに使いきれない場合は、サランラップで包んでジップロックバッグに入れ、冷凍することで3週間程度持たせることができます。

 

この方法は、調理も保存も簡単で後片付けも楽ちんなので、忙しい毎日を送る人にとってはとても便利です。

 

まとめ

もやしを電子レンジで加熱するときの方法と時間の目安を紹介しました。

手軽に出来ますので試してみてください。

テキストのコピーはできません。