本ページはプロモーションが含まれています

コチュジャンの代用に焼肉のタレを使うときに加えるといい調味料

焼肉やビビンバを作る際、ちょっとのコチュジャンで味を引き立てたいですね!

ですが、コチュジャンを買っても使いきれないことがよくあります。

そこで、家にある調味料でどうにか代用できないかと思ったことはないでしょうか。

実際、普段使いの調味料を組み合わせてコチュジャン風の味を作ることができます。

例えば、既に味付けされている焼肉のタレに味噌を加えれば、簡単にコチュジャンの代わりになります。

これから、コチュジャンの代わりに使える調味料と作り方、子供用の優しいコチュジャンの作り方を詳しくご紹介します。

 

コチュジャンの代用

コチュジャンの代わりに使用できる調味料の組み合わせについて説明します。

 

まず、豆板醤と甜面醤(テンメンジャン)を使った組み合わせから見ていきましょう。

これらの調味料は、辛味と甘みを提供するためコチュジャンの風味に非常に近づけることができます。

豆板醤は辛さが特徴で、甜面醤は甘くてコクのある味がします。

この二つを組み合わせることで、コチュジャン特有の辛みと甘みのバランスを模倣することが可能です。

具体的には、豆板醤2大さじと甜面醤3大さじを混ぜ合わせます。

この組み合わせは、豆板醤の強い香りと辛さを甜面醤の甘さがマイルドにしてくれるため、コチュジャンよりも使いやすいかもしれません。

 

次に、味噌と醤油、そして一味唐辛子またはラー油を使用する方法です。

味噌と醤油は日本の家庭で一般的な調味料であり、これに辛さを加える一味唐辛子またはラー油を加えることで、コチュジャンに似た風味を作ることができます。

一味唐辛子を使う場合は、その粉末状の形状が直接的な辛さを提供し、ラー油を使う場合は、その油の形状が料理に深みを加えることができます。

例えば、味噌1大さじ、醤油1小さじ、そして一味唐辛子1/3小さじまたはラー油1/3小さじを混ぜ合わせると良いでしょう。

 

最後に、砂糖、味噌、醤油、ごま油、一味唐辛子を組み合わせた方法です。

この組み合わせは、砂糖が甘さを、ごま油が香りとコクを加え、一味唐辛子が辛さを提供します。

具体的な割合としては、砂糖1小さじ、醤油1小さじ、味噌1大さじ、ごま油1/2小さじ、一味唐辛子1小さじを混ぜ合わせます。

この組み合わせは、コチュジャンの甘辛い味わいと似た感じを簡単に再現することができるため、手軽に試すことができます。

 

以上の調味料の組み合わせにより、家庭で簡単にコチュジャンの代用を作ることができ、様々な料理に応用可能です。

 

 

ほんだしなどのだしの素を切らしてしまったときに代用品として使えるものがあります。

こちらの記事で詳しくまとめてあります。

参考にしてください。
↓↓
ほんだしとだしの素の違いって?手元にないときの代用品も紹介

 

子供も食べられるコチュジャンの代用

子供向けのやさしい味のコチュジャンの代用を作るのはどうでしょうか?

辛い豆板醤や唐辛子を使わないで、子供が食べやすい代用品を考えるとき、砂糖と味噌をベースに甘口の焼肉のタレを加えると良いでしょう。

これは辛いものが苦手な人にもおすすめです。

辛くないコチュジャン風の調味料は、以下のように作れます。

  • 砂糖 小さじ1
  • しょうゆ 小さじ1
  • 味噌 大さじ1
  • ごま油 小さじ1

これらをしっかりと混ぜ合わせてください。

もし手に入れることができれば、パプリカパウダーを小さじ1加えると鮮やかな赤色が出て見た目も楽しめます。

パプリカは辛くないので、小さな子供も安心して食べられます。

 

甜面醤を使う方法もあります。

甜面醤は甘い味噌でコチュジャンと似た風味がありますが、そのままだと味が濃すぎるので、味噌としょうゆを少し加えて調整すると良いでしょう。

甜面醤、味噌、しょうゆを以下の割合で混ぜます。

  • 甜面醤 大さじ2
  • 味噌 大さじ1
  • しょうゆ 小さじ1

この組み合わせは、辛さが苦手な人に特に適しています。

 

また、焼肉のタレと味噌、砂糖を使った方法もあります。

焼肉のタレには元々しょうゆやにんにくなどが含まれていて、味がしっかりしています。

これに味噌と砂糖を加えるだけで、以下の割合で混ぜれば完成です。

  • 焼肉のタレ 大さじ2
  • 味噌 大さじ1
  • 砂糖 小さじ1

砂糖は味をまろやかにするのに役立ちますが、甘すぎる場合は量を調整してください。

 

まとめ

コチュジャンの代用に使える調味料と、作り方を紹介しました。

豆板醬や甜面醤を使う方法もお伝えしましたが、甜面醤などがなくても砂糖や味噌、醤油などでも作れますので試してみてください。

テキストのコピーはできません。