夜たくさんヘアオイルをつけすぎたまま寝ると何が起こる?
本ページはプロモーションが含まれています

夜たくさんヘアオイルをつけすぎたまま寝ると何が起こる?

バスタイム後や朝の準備中に、ヘアオイルを使いすぎた経験はありますか?

使いすぎると、髪が重たく感じられることがありますね。

今回は、ヘアオイルの使いすぎによる髪への影響と、その対処法を紹介します。

 

多めにつけたヘアオイルをそのままにして寝るとどうなる?

ヘアオイルを多く使ってそのまま眠ると、髪にダメージを与える可能性があります。

ヘアオイルが多いと、髪が完全に乾かないことがあり、湿った状態での摩擦が髪のダメージを引き起こすことがあります。

夜にヘアオイルを多く使ってしまった場合は、洗い流すことが一番です。

 

ヘアオイルの使いすぎに対する対処法

ヘアオイルは、髪の乾燥を防ぎスタイリングを楽にするために役立つものです。

しかし、使いすぎは避けたいものです。

使いすぎたヘアオイルをオフする簡単な方法をご紹介します。

ベビーパウダー使用法

急いでいる時は、ベビーパウダーが便利です。

ベビーパウダーは油分を吸収し、髪をサラサラにしてくれます。

使用方法は、ベビーパウダーを手に取り、髪になじませるだけです。

しかし、使いすぎには注意しましょう。

 

ベビーパウダーがない場合

ベビーパウダーがない場合は、濡れタオルで髪の油を拭き取る方法があります。

特に毛先は簡単に拭き取れることが多いです。

これは応急処置として有効です。

ドライシャンプーの利用

ドライシャンプーを持っている場合、その指示に従って使用すると髪を素早くサラサラにすることができます。

 

ウエットヘアの活用

時間がない時は、ウエットヘアを活用したスタイリングがおすすめです。

自然なまとまりやすさを利用して、ヘアアレンジを楽しんでみてください。

 

前髪につけすぎた場合

前髪にオイルをつけすぎた場合は、手で軽く拭き取ることができます。

オイルを手に移し、洗って乾かすことを繰り返すと、髪のべたつきを減らすことができます。

 

適切なヘアオイルの使い方

ヘアオイルを使う際にはいくつか覚えておくべきポイントがあります。

これらを守らないと、髪がベタつくこともあり、スタイリングが難しくなるかもしれません。

朝と夜の使用方法について詳しく見ていきましょう。

朝のヘアオイルの使い方

朝、ヘアオイルを使う際は、基本的にはスタイリングする前に適用するのが良いでしょう。

髪をブラッシングする前にヘアオイルをつけると、髪の摩擦が減り、ブラッシングによるダメージから髪を守ることができます。

また、ドライヤーやアイロンを使う前にヘアオイルを使うことで、髪の乾燥を防ぎ、艶やかに仕上がります。

 

ただし、ウエットヘアスタイルが流行っているため、スタイリング剤としてヘアオイルを使って束感やまとまりを出すこともあります。

この際、使用量には注意し使いすぎないようにしましょう。

 

夜のヘアオイルの使い方

夜、ヘアオイルを使用する場合は、お風呂上がりに髪をタオルドライした後ドライヤーで乾かす前に使うのが推奨されます。

適量のヘアオイルを手に取り、頭皮や髪の根元には少なくし、毛先や髪の内側に集中してなじませると良いでしょう。

その後、ドライヤーでしっかり乾かすことで、髪がしっとりとして翌朝のスタイリングが楽になります。

 

ヘアオイルの使い方のまとめ

  • ヘアオイルは付けすぎると髪にダメージを与えるので、適量を心がけましょう。
  • 使いすぎた場合はベビーパウダーで軽くもみ込むと取れます。
  • ベビーパウダーがない時は濡れたタオルやドライシャンプーでオフできます。
  • 忙しい時はウエットヘアスタイルを活用するのも一つの方法です。
  • 前髪にオイルをつけすぎた場合は、乾いた手で軽くふき取ると良いでしょう。
  • 朝は基本的にスタイリング前、夜はドライヤー使用前にヘアオイルを使うと効果的です。
テキストのコピーはできません。