本ページはプロモーションが含まれています

言偏/ごんべんに京という漢字「諒」はなんて読む?

結論から言うと、「諒」は『りょう』と読まれますが、部首(つくり)や由来についても総合的にまとめてみました。

 

言偏ごんべんに京という漢字はなんて読む?諒という漢字の由来

『ごんべん』に『京』という漢字の読み方は何でしょうか?

「諒」という字です。

  • 音読みは「リョウ」
  • 訓読みは「まこと」「さと(る)」です。

 

「諒」の意味

「諒」には、「まこと」という意味があります。

「まこと」は「誠実」の「まこと」です。

また、「思いやる」とか「明らかにする」といった意味もあります。

 

漢字『諒』の由来

もともと、漢字『諒』の右側にある旁(つくり)である『京』は、「明るい、はっきりしている」といった意味があります。

この『京』には、言葉を表す漢字である『言』を組み合わせて、「言葉がはっきりしており、偽りのないこと」を表現するようになったとされています。

 

誠実とか偽りのないという意味を知ると、人名に使われているのも納得ですね。

 

諒という漢字を使った言葉

現代では「諒」という漢字は一般的に「了」という漢字で置き換えられていますので、置き換えてみると分かりやすいですよ。

諒解(りょうかい)

事情を考慮して納得し、理解すること。

そのまま「了解」と置き換えると簡単ですね。

また、 無線などの通信で、通信内容を受け取ったことを表す言葉としても使用されます。

 

諒察(りょうさつ)

相手の立場や事情を理解し、察すること。

 

諒承(りょうしょう)

事情を理解して納得すること。承知すること。

これも「了承」で理解できますね。

 

諒闇(りょうあん)

ほとんど使用されない皇室用語です。

天皇が上皇や上皇后が崩御した際の喪に服する期間です。

 

教養のある人なら使う言葉なのでしょうね。

 

諒陰(りょういん)

諒闇と同様の意味を持つ言葉です。

 

諒恕(りょうじょ)

相手の事情を考慮して許すこと。

 

諒と了の違い

諒は了に置き換えてみると理解しやすいとお話しました。

では、なぜ諒という漢字を使わないで了という字を使っているのでしょうか。

 

それは、「諒」が当用漢字表に含まれていなかったからです。

諒承と了承についても、戦前では「諒承」と表記されていましたが、当用漢字表に「諒」が含まれていなかったため、「了承」という表現が採用されました。

 

確かに昔の新聞や書籍などでは「諒解」という熟語が使われてるのを見ます。

 

なので現代の「了承」や「了解」などは言ってみれば当て字です。

本来の「諒承」や「諒解」に含まれた意味やニュアンスはありません。

 

字は簡単になりましたが何か趣がないですね。

 

まとめ

ごんべんに京という漢字「諒」の読み方や意味について解説しました。

「りょう」と読みますが誠実という意味があったんですね。

使う機会は少ない漢字ですが読めるようにはしておきたいですね。

 

テキストのコピーはできません。