本ページはプロモーションが含まれています

お弁当の前日に卵焼きを作っておくのは大丈夫?作る時の注意点

お弁当を作る時の手間を少なくするととても助かりますよね。

おかずを前日に用意しておいて、翌日のお弁当に活用する方は多いと思います。

特に卵焼きは、見た目が鮮やかで毎日のお弁当には欠かせません。

ただ、準備に時間がかかるため前日に作っておきたいものです。

 

今回は、前日に卵焼きを作っておく方法、翌日に卵焼きを使う際の注意点、長持ちする卵焼きのレシピについてお伝えします。

 

卵焼きを次の日のお弁当入れるときの作り方

前日に作った卵焼きを翌日のお弁当に入れても安全かどうか、詳しく見ていきましょう。

先に結論を言いますと、適切な保存と調理を心がければ、前日に作った卵焼きを翌日のお弁当に使用しても問題は少ないです。

ただ、加熱した卵は腐りやすいので保存や調理の際には注意が必要です。

 

翌日のお弁当に入れる卵焼きの作り方にはいくつかのコツがあります。

まず大事なのは、卵焼きの水分をできるだけ抑えることです。

水分が多いと雑菌の繁殖を促してしまうからです。

 

卵焼きに含まれるたんぱく質は雑菌が増えやすい環境を作りやすいので、味付けを少し濃くすると良いでしょう。

濃い味付けは、水分が外に出やすくなるため内部の水分を減らす助けになります。

だしを使った卵焼きを作る場合は、液体のだし汁の代わりに粉末のだしを使うと水分を抑えられます。

 

また、甘い卵焼きを好む場合は砂糖を加えるのも一つの方法です。

卵焼きには、お酢やマヨネーズを加えるのもおすすめです。

お酢には防腐効果があり、マヨネーズは卵焼きをふわふわにします。

 

さらに、水分の多い具材は避けた方が良いです。

たとえば、トマトやオクラは避け、冷凍の枝豆やワサビ、梅干しを加えると卵焼きが傷みにくくなります。

 

卵焼きを翌日のお弁当に入れる際には、半熟にしない方が良いです。

半熟の状態では傷みやすく、保存が困難になります。

完全に火を通して、しっかりと固めに焼くことで保存時の安全性が高まります。

 

卵焼きを触る際は、必ず清潔な器具を使用し素手で直接触れないようにすることが重要です。

手には見えない雑菌が多く存在しており、これが食品に移ると腐敗の原因になり得ます。

 

また、卵焼きを作る前には、白身と黄身をしっかりと混ぜ合わせることが必要です。

卵を混ぜる際は、ただ単に箸でかき混ぜるのではなく白身と黄身が均一になるように左右に動かしながら混ぜる方法が効果的です。

この工程を丁寧に行うことで、焼いたときに卵焼き全体が均等に加熱され、焼きムラを防ぐこ

 

卵焼きに使用する卵は、新鮮なものを選ぶことが望ましいです。

賞味期限が切れているか、近い卵を使うと品質が落ちるだけでなく健康リスクも高まります。

 

卵焼きをお弁当に入れる際には、保冷バッグや保冷剤を使って持ち運びましょう。

特に夏場や室内で暖房が効いている場所では、温度が上がりやすいです。

保冷剤を入れてお弁当全体を冷やしておくと、食品の傷みを効果的に防げます。

保冷バッグは、ランチの新鮮さを保つためにもひとつ持っておくと便利です。

 

焼きそばもお弁当に入れるには楽ちんなメニューです。

焼きそばも前日に作っておくのは大丈夫なのでしょうか。

傷みにくい作り方などについては、こちらの記事に詳しくまとめてあります。

こちらもチェックしてみてください。
↓↓
焼きそばのお弁当は前日に作っておいたら食中毒になる?傷みにくい作り方

 

卵焼きの保存方法

卵焼きを安全に保存して、翌日のお弁当に活用するためには適切な方法での保存が非常に重要です。

 

まず、卵焼きは絶対に常温で保存しないようにしてください。

常温での保管は、卵焼きが非常に早く傷んでしまう原因となります。

特に暖かい季節や高温多湿の環境では、卵焼きは半日で腐り始める可能性があります。

 

卵焼きを冷蔵で保存する場合、まず卵焼きを十分に冷ましましょう。

卵焼きが熱い状態でラップやフリーザーバッグに入れると、結露が生じ傷みの原因になります。

完全に冷めたら、空気に触れないように密封して冷蔵庫に入れます。

この方法で保存すれば、卵焼きは次の日まで新鮮さを保つことができます。

 

もし数日から一週間以上卵焼きを保存したい場合は、冷凍保存が最適です。

冷凍する前に卵焼きをしっかりと冷まし、一切れずつラップで個別に包むことが重要です。

それぞれの切れ端をフリーザーバッグに入れて冷凍庫に保管します。

1~2週間の保存が可能ですが、それ以上の期間は質が落ちるためおすすめしません。

 

解凍する際は、お弁当に入れる前にしっかりと計画を立てましょう。

600Wの電子レンジで約1分20秒加熱するか、前の日の夜に冷蔵庫に移して自然解凍する方法があります。

解凍後は、再加熱して殺菌効果も高めると安全です。

卵焼きは完全に冷ましてからお弁当箱に詰めることで、品質を保つことができます。

 

卵焼きを前日に作るときのレシピ

次の日のお弁当に最適な卵焼きレシピを紹介します。

 

マヨネーズと片栗粉を使った卵焼き

このレシピでは、マヨネーズと片栗粉を使用し、卵焼きにふわふわとした食感としっとり感を加えます。

マヨネーズの油分と酢が卵焼きを柔らかくし、同時に風味を豊かにします。

片栗粉は卵液を安定させ、焼き上がりをより滑らかにします。

材料

  • 卵:3個
  • マヨネーズ:小さじ2
  • 砂糖:大さじ1
  • 水溶き片栗粉:片栗粉小さじ1、水小さじ1

作り方

  1. 卵を割り、ボウルに入れます。
  2. マヨネーズ、砂糖を加えてよく混ぜ合わせます。
  3. 片栗粉を水で溶いてから、卵液に加え、さらに混ぜ合わせます。
  4. フライパンを中火で熱し、適量の油をひきます。
  5. 卵液をフライパンに1/3量流し入れ、底が固まり始めたらゆっくりと巻いていきます。
  6. 一回目の卵が巻けたら、再び卵液を同量流し入れ、先ほどの卵焼きに重ねて巻きます。
  7. 3回に分けて全ての卵液をこの方法で巻き、最後に全体をしっかり火を通します。

 

まとめ

卵焼きを翌日のお弁当に入れるのは大丈夫なのか、注意点について紹介しました。

卵焼きは、作り方や保存方法に注意が必要です。

しっかりと味付けをし、水分の多い食材を避けて卵を完全に火を通すことが重要です。

 

保存は冷蔵または冷凍が推奨されます。

冷蔵の場合は2日以内、冷凍の場合は2週間以内に利用するのが良いでしょう。

 

テキストのコピーはできません。